『一期一会』 ~工務店・社長のひとり言~

千葉県旭市にある地域密着型の(株)戸諸工務店の若き二代目社長がお届けする、毎日の奔走日記です。

ヒートショック対策

2018-01-13 19:11:49 | 暮らし

こんばんは~

 

寒さが厳しいなか、大学の入試センタ―試験がはじまりましたね

ほんと毎年思うのですが、この時期が一番寒さが増し

体調の管理をしっかりしないと風邪に引きやすいので

注意しましょう

 

そしてこの時期に必ずといいほど、聞く言葉

「ヒートショック」

 

もう、皆さんも聞きなれた言葉ですよね

 

「ヒートショック」とは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる

温度の急な変化がからだに与えるショックのことを言います



気温が低い冬には、入浴中の死亡者数が急増し、死亡者の多くは高齢者であり、

ヒートショックが主な原因であると考えられています。

 

1年間で、ヒートショックに関連した入浴中の急死に至った事例数は

交通事故による死亡者数のなんと4倍以上


最近の住宅は気密性の高いユニットバスや、浴室暖房乾燥機や温かい床材の導入など、

温度のバリアフリー化が進んでいますが、実は、ヒートショック対策が

必要なシニア層ほど築年数の古い戸建に住んでおり、寒い浴室で

入浴しているのが現状だと考えられます。


ヒートショックを起こす引き金となるのが急激な温度変化。

それにより血圧が変動し、身体に大きな負担がかかります。



つまり、ヒートショック対策のポイントは「温度変化」にあります。

浴室と同様、温度のバリアフリー化を図りたいのが脱衣室です。


脱衣室の暖房に関しては築年数の浅い住宅でも設置率が低く、

対策が進んでいないことがわかっています。


最近の住まいでは暖房乾燥機などの設置をおすすめしていますが

浴室の扉を開けて浴室暖房をかければ脱衣室も暖まります

 

そして何より一番、重要な事は・・・

家全体の断熱・気密性能をしっかりと確保すること

そして温度差のない室内空間をつくること

これでこそ健康で、安心して暮らせる住まい

なんだと思います

 

そして「窓」のこと

ここも重要

私は、ここ数年、新築、リフォームにしても「樹脂窓」を推奨しています

まず、熱の伝わりが小さい樹脂窓は、結露を防ぐという特長を持っています。

窓の断熱性能を高めると夏も冬も少ないエネルギーで保冷保温効果が

生まれ快適に過ごすことができるんです。


既存の住まいでも、断熱改修すればヒートショック発生の可能性を

下げることは可能です

 

新築だけでなく、リフォームに関する相談もしていますので

お気軽にお問い合わせください

 

皆さんの応援が、ブログ更新の活力に

下記のバナークリックお願いします

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ビルダー・工務店ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

地域密着だからできるこだわりの家つくりをしている会社はここにあります

注文住宅・リフォーム工事のご相談、依頼するなら

千葉県旭市にある地域密着型の(株)戸諸工務店へ!

TEL:0479-63-2800

メール: tomoro.net@abeam.ocn.ne.jp

WEBサイト  http://www.tomoro.co.jp/

Facebook  https://www.facebook.com/tomorokoumuten

ツイッター   https://twitter.com/tomorokoumuten

社長ブログ http://blog.goo.ne.jp/senatomojp

instagram   https://www.instagram.com/tomorokoumuten/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の始め、祝!上棟!! | トップ | 図面作成。。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事