キタカゼとタイヨウ

平成27年6月20日長男が交通事故。奇跡的な回復力で夏休み明けに復学を果たしましたが戦いはそこからが本番でした。

「総選挙ホテル」桂望実

2016-10-18 08:54:48 | 本と雑誌
総選挙ホテル
桂望実
KADOKAWA/角川書店



倒産寸前のフィデルホテルに投資ファンドから送り込まれてきたのは、
社会心理学の先生、元山。

元山の発案で、スタッフ全員が立候補する総選挙が行われる。
職場を去らねばならない人、自分が希望した職種以外で当選する人。
「なんで、自分が?」と疑問を抱きながら、
いつのまにかそこが適所になっていく。

自分が思っている自分と、他人が評価する自分の差。
私はどんな風に見えているだろう?
どんな風に評価されているんだろう?


ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待つのはつらい | トップ | 外された~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。