キタカゼとタイヨウ

「意識不明の重体」「重症びまん性脳損傷」から奇跡的に回復、大学生になった息子と子宮腺筋症の母の記録

vs保険屋

2017-08-09 16:16:37 | 交通事故・高次脳機能障害
昨日、保険屋から書類が届いた。

必要最低限の言葉しか並んでいかなったけど
どうして、
 
 いかがですか?

とか

 お大事に

とか言えないんだろうっていつも思う。

顧客満足度の高い保険屋が、必ずしも被害者に優しいとは限らない。

と言うこと。


なんだかね~
がっかりだよ。

幸い、うちの息子は日常生活が送れるほど回復したけどね、
ここまで来るのに、どんな思いをしたか。



思い出して泣いた。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「この世界の片隅に」 | トップ | 骨折1週間 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなうですよ (同じようなママ)
2017-08-10 13:51:50
私も思いました。先月、示談をし終わりましたが、昨日、私の加入している保険の営業がきて説明をしてくれて愕然としました。示談にするまえに聞きたかったことばかり
相手の保険やがいかにうそつきかそして、それに屈したうちの弁護士に怒りと悲しさでいっぱいになりました。もちろん、弁護士のボスにクレームを入れました。
自分の加入している保険屋はよかったのですが・・・やっぱり相手はダメですね。
お大事に
先日の話ですが、年明けに少しの間、海外へ行くことにしました。リハビリになればと思っています。
同じようなママ様 (senamama)
2017-08-10 21:49:20
海外!!!
すごく勇気ある決断ですよね。
本人もお母様も。

がんばれ~
応援してますね。

コメントを投稿

交通事故・高次脳機能障害」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。