キタカゼとタイヨウ

「意識不明の重体」「重症びまん性脳損傷」から奇跡的に回復、大学生になった息子と子宮腺筋症の母の記録

まさに短期記憶障害

2017-05-18 12:03:26 | 交通事故・高次脳機能障害
先月、新入生の健康診断の尿検査で引っかかった長男18歳。

今週15日と17日が再検査の日。
で、当然のことながら15日は忘れる。

17日、昨日も・・・
朝食を食べている息子に、

   尿検査だよ、とった?

と聞くと

   あ、忘れた

と言うので、

   ご飯食べたら、またトイレ行くんでしょ、その時とればいいんじゃん

とフォロー

   そうだね~ そうするよ

と言ったはずなのに、ドライヤーでぶーぶーセット中の息子に

   おしっことった?

と聞くと

   あ、忘れた

と再び。

   しぼりだして、とっておいで

とトイレに促す
得意げに、

   ちゃんととれたよ

っていうけど…・3度目だから、それ。

ちなみに、トイレには先週から尿検査の張り紙と紙コップがおいてあり、
他の家族は、自分が検査するわけでもないのに
月曜の朝から

   尿検査、尿検査

と気にしてるのに・・・・息子よ。
日曜の晩も声掛けはしたんだけどね。


もちろん、火曜日に予定されていた校医さんとの面談もすっぽかしました。

   症状に・・・「記憶障害」って書いてくれてよかったよ、お母さん
   (先日、健康相談室に提出した)

って言うけど、せっかく手帳に書いたんだから手帳見て!!

いやいや、手帳を見る習慣ないんだからスマホに入れて。

こんなんでよく中高生に数学教えられるなぁ~って尊敬するよ(違った意味で)


それにしてもね~。
まぁ、おかげさまで連日疲れ果てる母は毎晩横になるなり眠れます、ありがとう。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘルプカードを作ろう | トップ | 息子のPCバッグ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。