キタカゼとタイヨウ

「意識不明の重体」「重症びまん性脳損傷」から奇跡的に回復、大学生になった息子と子宮腺筋症の母の記録

「800年後に会いに行く」河合莞爾

2016-10-13 16:10:42 | 本と雑誌
800年後に会いにいく
河合 莞爾
幻冬舎



難しかった。
800年後からメッセージが届く。

未来の日本人が今のわたしたちと同じ日本語を使っているとは限らない。
想像もしなかった。たくさんのSF小説を読んできて
何の疑問も感じなかった・・・

けど、800年前の「方丈記」は、同じ日本語だけど
表記も発音も全然違う。

あ~なるほど、と思う反面
ちょっと不満もあったけど。

とにかく、気付きの連続の物語。

語れないことは多いけど頭フル回転の1冊。
すご~く疲れた。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「揺らぐ街」熊谷達也 | トップ | 「闘う女」小手鞠るい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。