キタカゼとタイヨウ

平成27年6月20日長男が交通事故。奇跡的な回復力で夏休み明けに復学を果たしましたが戦いはそこからが本番でした。

「闘う女」小手鞠るい

2016-10-14 07:01:54 | 本と雑誌
闘う女 (ハルキ文庫 こ 9-3)
クリエーター情報なし
角川春樹事務所



小手鞠さんと言ったら恋愛小説ってイメージだけどこれははちょっと違う。
恋愛のドキドキはほんのわずか。
帯の通り「お仕事小説」

この本を読んであらためて思う、
小手鞠さんの小説に出てくる女性は

みんな強い
そして、自分の足でしっかり立って歩んでいる。
だから、私は小手鞠さんの恋愛小説、大好きなんだと思う。

菊香の続きが読みた~い
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「800年後に会いに行く」... | トップ | 「無人島に生きる十六人」須... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

本と雑誌」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。