さきたま自然日記(別館)

埼玉中心になんでもありの写真日記です。
花鳥風月、自然を中心に撮ってます。

アメリカヒドリ??

2017年04月23日 | 花と野鳥
4月13日午後、久しぶりにI沼を覗いて見る事に・・・・・
すぐ近くの道路は良く通るのですが、散策するのは昨年末以来です。
田植えの準備のためか、いつの間にか沼の水は満杯! あれだけたくさんいたユリカモメも、今は数羽飛んでるだけ。
ユリカモメに混じって、セグロカモメも2羽飛んでます。

ヒドリガモやコガモたちもまだ少し残ってますが、その中に、何やらアメリカヒドリらしき鳥が混じってます。


よく見ると、顔の当たりがちょっと違うような・・・・アメリカヒドリとヒドリガモの混雑種のようです。


まだ少し残ってるヒドリガモ達と一緒に仲良く遊泳中。




特にめぼしい野鳥も見当たらず、元気に飛び回ってるのは、このイソシギだけでした。


水面近くでは、ツバメがスイスイと・・・・ツバメの数が増えてくると、初夏を感じます。



桜並木に、コムクドリでも来ていないかと、沼の周辺をのんびり一周! 菜の花が綺麗に咲いてました。


この日見たアメリカヒドリのハイブリット型は、19日再びここを訪れた時には、もう居ませんでした。



『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キジの母衣打ち | トップ | 春の使者ツマキチョウ(褄黄蝶) »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (ミント)
2017-04-23 23:09:06
ソングさん こんばんは^^
アメヒは・・なかなか・・純潔が居ませんねぇ・・(^^A
沼の中から・・探すのも大変ですね・・
これから 色々 シギチも楽しみですね(*^^*)
ちょっと残念ですね・・ (てっちゃん)
2017-04-24 00:08:38
僕もアメリカヒドリの純血はまだ見たこと無いです・・・交雑種は一度見たことがありますが・・・

おはようございます。 (kogamo)
2017-04-24 04:56:59
緑の光沢が美しいアメリカヒドリですね。
本物にかなり近いようですね。
こちらの公園でも数年前までアメリカヒドリの交雑種が越冬していたのですが、
公園の観光化が進んで近年は見られなくなってしまいました。
イソシギは婚活かな?
超スピードで飛ぶツバメの飛翔、カッコいいですね。

おはようございます (ソングバード)
2017-04-24 07:22:49
>ミントさん
そうらしいですね。
一度純血種を見てみたいものです。
幸い、この沼のカモたちは旅立った後で、ヒドリガモも残っていたのはわずかだったため、見つけやすかったです。
田んぼに水が入ると、シギチですか!
最近は休耕田に水を入れることが少なくなって、探すのに苦労しますね。

おはようございます (ソングバード)
2017-04-24 07:24:11
>てっちゃん
てっちゃんもやっぱりそうですか。
純血種を見ることは難しそうですね。
やはりアメリカでないと・・・・・(笑)
おはようございます (ソングバード)
2017-04-24 07:28:25
>kogamoさん
kogamoさんのフィールドでも、やっぱり交雑種でしたか。
でも、ヒドリガモの中に居ても、やっぱり目立ちますね。
今は見れなくなったようですが、また見れるといいですね。
イソシギの婚活?この子は1羽だけ寂しそうに居ました。
ツバメは巣作り中??
こんにちは (ポージィ)
2017-04-24 10:34:19
ハイブリット型アメリカヒドリさんは、ちゃんとヒドリガモの
群れの仲間に入れてもらえているのですね。よかった。
北へと旅立って… 今度飛来するときは、もしかするとクォーターさんが
混じっているかもしれませんね。
水が豊かになった沼の上をスイ~ッと飛ぶツバメ、感動しました。
あんなに速く飛ぶ鳥をこんなにきれいに捉えてしまわれるとは。
カッコイイです。
そういえばうちの近所ではまだツバメを目撃していません。
そろそろかしら。
アメリカヒドリ (ちどり)
2017-04-24 14:23:39
この個体はハイブリッドにしても、かなりアメリカヒドリに近いと思いますよ。
首の茶色が濃いですけれどね。
こちらではイソシギはいつもいるのですが、繁殖はほとんど見られていません。不思議です。
ノビタキやコムクドリが待たれるこの頃です。
おはようございます (ソングバード)
2017-04-25 06:01:21
>ポージィさん
このアメリカヒドリも、ヒドリガモの中の方が落ち着くようですね。
なるほど、クォーターの姿、一度見てみたいですね。
母親似か父親似か、どんな姿になるのか、想像するだけで楽しそうです。
ツバメはこんな水面すれすれを飛ぶ姿が一番捉えやすいんです。
こちらでは、もう巣作りが始まろうとしてますよ。


>ちどりさん
そうなんです、アメリカヒドリのDNAの方が強いみたいです。
イソシギの繁殖?そう云われてみれば、イソシギの赤ちゃんは見たことないですね。
いつもどこにでもいるので、言われてみるまで気が付きませんでした。
コムクはこちらでも見かけるようになりましたよ。
Unknown (country walker)
2017-04-25 19:26:05
カモちゃん、それでなくてもよく似た種類が多く、自分のような者には難しのに、混雑種となればお手上げです。
コムクは当地でも見ることが出来るようになりましたが、今日居た所には明日は居ず、なかなかゆっくりとは撮るころが出来ないのが現状です。
Unknown (robin)
2017-04-25 20:37:26
ソングバードさん、こんばんは。
アメリカヒドリは交雑体が多いですね。
カモ類は交雑体を見る事が有るので、
はて?何かなと思うことがあります。
Unknown (ホロホロ)
2017-04-25 21:04:51
野鳥初心者の私にはアメリカヒドリだと思ってしまいます。
図鑑を見ると首のあたりがアメヒは白いですね。
ツバメの飛翔姿は素晴らしいですね。色も良く出ていますね。
先日、私も挑戦しましたが、全くピントが合っていませんでした(^^;)
おはようございます (ソングバード)
2017-04-26 06:40:23
>country walkerさん
カモの仲間は、ハイブリッド・エクリプス・幼鳥など、区別がつきにくい要素が多くて苦労しますね。
名札でもつけておいてくれると助かるのですが…・
コムク、来ましたよ~!!
近いうちにアップします。


>robinさん
そうらしいですね。
こちらで、アメリカヒドリのハイブリットを見ることは少ないのですが、これだけはっきりしてると分かり易くて助かります。
交雑種を見かけると、珍鳥を発見した気分になりますね。(笑)


>ホロホロさん
アメリカヒドリの交雑種でも、この沼に来てくれるだけでうれしいです。
普段はいなかったので、移動中に立ち寄ったのだと思います。
ツバメに飛翔、今回のようにバックが水面などの場合、比較的写しやすいですよ。
試してみてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL