さきたま自然日記(別館)

埼玉中心になんでもありの写真日記です。
花鳥風月、自然を中心に撮ってます。

キジの母衣打ち

2017年04月22日 | 野鳥
見沼代用水沿いの桜廻廊を、少し離れたところから撮るつもりで、復路は芝川沿いを北上します。
以前にも書いたのですが、この辺りは、庭木などの畑が多く、キジの活動エリアになっています。
キジも、縄張りを形成して、花嫁探しに忙しい時期! あちこちから大きな鳴き声が響きます。
そんな中、1羽のキジの雄を見つけました。


ゆっくり近づいてみます。 こちらに気付いてる筈なのに、逃げる様子もなく、のんびり羽繕い。


しばらく様子を伺っていると・・・・・突然「ケーン!」と一声上げながら母衣打ちを始めました。
「母衣打ち」の事は以前にもふれたのですが、もう一度書いておきますね。

母衣打ちは、「ケーン!」と鳴いた後、胸を張って両翼を胴体に打ち付けて羽音を出す行動ことで、繁殖期になるとよく見る事が出来ます。
母衣は「保呂」「幌」とも書き、武士の鎧の後ろにつける布製の補助防具のことで、後ろから飛んでくる矢を防いだり、威容を増す武具の一つです。
キジの羽音を、この母衣が風にはためく音に例えたものだそうです。(「野鳥の名前」より)





「桃太郎」など日本の民話に登場するキジは、日本の国鳥です。 日本の国鳥として決まったのは、1947年のこと。

何故、トキなどではなくキジに決まったのか?? 調べてみると・・・・・

山階鳥類研究所の高島春雄氏によると,次の理由だそうです。
1.日本固有種で日本の象徴である.
2.留鳥であり,一年中観察でき,人里近くにも生息する.
3.非常に美しく,鳥に関心をもつ人が好む.
4.大型で肉も美味.狩猟対象としても最適である.
5.古事記や日本書紀のような文献にもキジとして登場.桃太郎などの話でも有名.
6.オスの飛び立つ姿は男性的,メスは非常に母性愛が強い



因みに、日本の国鳥は「キジ」ですが、国のシンボル、調べてみるといろいろあるんですね。 いくつか紹介すると・・・・
有名なのは、日本の国蝶:オオムラサキ・国花:サクラとキク・国歌:君が代・国技:相撲
その他に、日本の国菌は麹・国石は水晶・国魚はニシキゴイ・国劇は歌舞伎・国風は和歌だそうです。


『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒレンジャクとガビチョウ(... | トップ | アメリカヒドリ?? »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-04-22 16:59:59
わぁ 今回はキジ♪ これはまた立派な雄ですねぇ。
これなら縄張り争いにも花嫁探しにも有利そうに見えます。
キジ自体は、畑で歩いている姿を遠くから見たことがあるのですが、
母衣打ちの様子は初めてです。連続写真に臨場感ばっちりで
拝見できて嬉しかったです。
国鳥なのに滅多に見られないのが残念です。
国蝶のオオムラサキはもっと見られませんね。まだ会ったことありません~
国菌 なんてものまであるんですか? 麴なんですね。
国石(水晶)も初めて知りました。和歌については国風という言い方を
するというのも初めて知りました。楽しい知識をありがとうございます♪
Unknown (country walker)
2017-04-22 17:24:40
キジ、日本の国鳥だけあって実にキレイです。
先日TVでキジが郵便配達の人に飛び掛って攻撃をしている場面を見ましたが結構気が強いのですね。
これは繁殖期だけの事らしいですが。
家の近くに沢山居るケリも子育て中は散歩中の人間にも向かってきます。
母衣打ち (nampoo)
2017-04-22 19:53:49
今晩は。
キジって本当に綺麗な鳥ですねえ。
まだ一度も見たことがありません。
一度是非見たいものです。
母衣打ちをしている姿初めて見ました。
ちょっぴりユーモラスですね。
おはようございます (ソングバード)
2017-04-23 06:21:00
>ポージィさん
この時期のキジの雄は、花嫁探しのため、一番綺麗で目立つんです。
こちらでは、少し郊外に出ると、まだまだ田んぼや畑が多いせいか、特に珍しいことはなく、普通に見ることができます。
こんな母衣打ちも、今の時期だけしか見ることができないので、今度見つけたときは、じっくり観察してみてください。
国のシンボル、いろいろあるんですね。私自身も、調べてみて初めて知った次第!!


>country walkerさん
私もテレビ見ましたよ。
繁殖期にはキジも赤い対象には、敏感になるようですね。
でも基本的には、キジは草むらで、じっと隠れてるタイプのようで、時々、足元から突然飛び出されてビックリすることが多いです。
反対に、ケリの営巣中の攻撃力はすごいですよね。
頭を突っつかれないよう、要注意です。(笑)


>nampooさん
キジに会われたことなかったですか。
広い畑にいることが多く、今の時期は大きな声で鳴くので、すぐに分かります。
少し我慢して観察してると、母衣打ちを見せてくれるんです。
色も綺麗ので是非見てください。どこかで会う機会があるといいですね。
おはようございます (ロメオ)
2017-04-23 08:18:28
やはりキジは見応えがありますね(^^)さすが国鳥。
特にホロウチは何回見ても、「おお!」と歓声をあげたくなります。
去年、観察できた畑がなくなってしまったので、今季はまだ会えていないのが残念です。
国鳥指定の理由の一つが、肉が美味・・・というのは、ちょっと驚きでした。
Unknown (mio)
2017-04-23 08:38:34
キジの声が聞こえる季節ですね。
羽衣打ちの様子はまるで相撲の土俵入りみたい(*^^)v。
それにしても逃げることもなくモデルさんになってくれて、人なれしているのでしょうか。
私も昨日久しぶりに近くの林を散策したのですが、全くいる様子がなくて・・・。
また探しに行ってみたくなりました。

Unknown (noharatugumi)
2017-04-23 11:23:12
キジの声がほんとよく聞こえる時期になりましたね。
僕も昨日東縁で短時間のうちに何回も聞きました。
でも僕は姿は見れずでした。
母衣打ちシーン…ナイスショットです。
国のシンボル…こんなにあるんですね。
知りませんでした。
Unknown (robin)
2017-04-23 12:58:21
こんにちは。
キジの画像も素敵ですが、
キジの考察?雑学?面白いです。
母衣打ちといえば、ヤマドリの
母衣打ちは低い周波数の音です。
近年近くの山で聴く機会が減り寂しいです。
ヤマドリも減ったのかな?
Unknown (ホロホロ)
2017-04-23 20:45:11
先日、公園で鳥観察を始めてから初めて出会いました。
植え込みにじっとしていました。警戒心の強い野鳥なのかと思いました。
鳴き声も母衣打ちもまだなので、是非とも見たいです。
日本のシンボル、色々あるのですね。
国菌は麹なのですか。初めて知りました。
最近は麹ブームですね。私も米麹の甘酒を飲んでま〜す(^^)
こんばんは (ソングバード)
2017-04-23 21:05:19
>ロメオさん
畑が無くなって、キジが見れなくなってしまいましたか!残念ですね。
こちらは、キジだけはたくさん見れるんですよ。
母衣打ちも、キジにとっては大事な警戒行動ですが、見てる方は楽しみながらのんびりと…・
国鳥指定、私も、意外な理由があるのでビックリしました。


>mioさん
キジの鳴き声も、この時期だけしか聞けない春の風物詩みたいなものですね。
こちらでは、比較的狭い範囲でなわばり争いしてるので、お互い、鳴き合い状態です。
鳴き声だけでなく、母衣打ちも見れるといいですね。


>noharatugumiさん
有難うございます。
見沼も秋ヶ瀬もキジの数が多いですね。
これだけ多く居るのは珍しいかも知れません。
国のシンボル、私も調べて似てびっくりしました。
調べればもっと出てくるかもしれませんよ。

こんばんは (ソングバード)
2017-04-23 21:13:17
>robinさん
ボケ防止のため、気になったことはできるだけ調べるようにしてるんです。
いろんなことが分かって楽しいですが、すぐに忘れてしまうのも年のせいでしょうかね。(笑)
ヤマドリの母衣打ちはまだ見たことがないですが、一度見てみたいものです。


>ホロホロさん
キジは、本来、危険が迫るとじっと動かずにいることが多いですね。
以前、1メートルくらいの草むらにいるのを偶然見つけたことがありますが、驚いたのはこちらの方でした。(笑)
国菌が麹だなんて、誰も思わないですよね。
そういえば、大好きなお酒の麹菌のお蔭、日本人とは切っても切れない関係ですね。
こんばんは (みい)
2017-04-23 21:41:54
キジは色がきれいですね~
わたしも池の散歩道で、横切るキジさんに出会ったことがあります。邪魔しないように眺めてました^^。
母衣打ち、珍しい姿見せていただいてうれしいです。
鳴き声は聴いたことあります。
最近は、見かけることも無くなって寂しい限りです。
国鳥ですものね。。 (てっちゃん)
2017-04-24 00:05:25
キジはこちらにはいないので、羨ましいですね~
道南や、道央には帰化したコウライキジが居るようですが?
ほろうち、迫力ありますね~

日本の国鳥には、タンチョウの方が似合っているような気がするのですが、本州には居ませんものね・・・
おはようございます (ソングバード)
2017-04-24 07:17:26
>みいさん
キジが道路を横切る姿をよく見かけますね。
もうすぐ、赤ちゃんを連れて横切るシーンが見れるかも??
鳴き声が聞こえるということは、上手くすると母衣打ちが見れるかもしれませんよ。
こんど鳴き声を聞いたら、辺りを探してみてくださいね。


>てっちゃん
そうでしたね、道東や道北ではキジは少ないそうですね。
キジの母衣打ち、今の時期、畑のあちこちで見ることができますよ。
国鳥がキジなのは、仰る通り、全国的にいる日本固有種ということだと思います。
タンチョウは、確か北海道の鳥でしたよね。

江戸時代は・・ (てっちゃん)
2017-04-24 23:54:22
タンチョウは、江戸時代には、江戸にも飛んできたらしいですね?
タンチョウも増えてきたので、そのうち本州にも現れるかも知れませんよ?
おはようございます (ソングバード)
2017-04-25 06:04:14
>てっちゃん
そうなんですか!知りませんでした。
江戸時代は、関東も、もっと寒かったのかもしれませんね。
最近の温暖化の傾向から、探鳥が軟化する可能性は低いと思いますが、南の生き物たちの勢力が徐々に増してきてるように感じます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL