せんしんのブログ ~統合失調症を捉えて20年~

かつて精神・心を病んだ筆者が強く勇ましく生きた、経験に則って生きる意味を補うための『心のブログ』。

左利き

2017-06-09 23:33:49 | 日記
左利き

私は利き腕が左で箸が右手なので、左手でマイクを握る癖みたいなものが有る。

これはマイノリティでもなんでも無い。

一般に利き腕が右の人がいるが、統計的に多いとされているが、

逆を言うと、利き腕の逆の動作(しくみ)を恣意的に学べば良いということになる。

ただ、一個だけ私には隠れた特技が有る。

実は、51音のJIS配列のキーボードと、一般のローマ字変換のブラインドタッチが

出来る。

だから、両親には子供の頃にX68Kを買い与えてもらったことを、誇りに思っている。

私は頭が鈍感なのに好奇心が旺盛なので、失敗談も多いがいつも起死回生との連続だった。

その中でこのX68000(X68K)を、東京の秋葉原で買った本を見ながら、今でいうところの

クロック周波数をアップさせる為に、基板を半田付けをして改造を行った。

これは掛けでもあった。私は元々左手左利きの左軸足で生まれてきているはずなので、

通常使う、右手の使い方が良く分からなかった。

悪く言えば、鈍感および不器用だと思う。

それからしばらくして、メンテナンスをしようと思い、X68Kの分解をやってみた。

ところが、今日あるデスクトップパソコンと違い、とても面倒なのだ。

ツインタワーといって、とても格好良い漆黒カラーのモデルだったのだが、

やはり全てが日本製のデスクトップであって、精密過ぎて、元に戻せなくなる(汗

事態に陥りそうになったが、なんとかネジは少し余ってしまったが、オーバーホールが

できた。

このPCはすでに発売経過から30年以上が経過していると思うが、SXーWINDOW

と言って、この時点でウィンドウシステム概念が出来上がっていた。

ちなみにウィンドウシステムのはしりはマックだ。

だが、私もそうだったが、このマシンはパワーユーザーが多くいて、その為

コピーガードを外してコピーをしてしまうことが多かったと思われる。

だからこそ、私は著作権のポリシーの境界で今も悩み続けている。

日本にはパブリックドメインの概念が定着しないのだ。

平等という言葉があるが、これだと大きく稼ぐ人が少数で、平均的な人が多数になる。

だが、経済がグローバル化されると、例えば欧米のように考え方を取り込むので、

乳化されるまで時間と不安定な状態が続く。

日本の得意分野の切り札に電車があるが、

こんなことをJRがやるか分からないが、普通のスイカにポイントないし仮想通貨の

ようなものを付け加える。

あとJRグループのチケットは基本的にインターネットでシームレスな購入ができない。

超大企業だけに可能性があると言える。

最後までご一読くださり感謝しますm(__)m
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« トップセキュリティ | トップ | 原点回帰 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL