せんしんのブログ ~統合失調症を捉えて20年~

かつて精神・心を病んだ筆者が強く勇ましく生きた、経験に則って生きる意味を補うための『心のブログ』。

最終ダイエット(追記あり)

2017年07月14日 15時08分07秒 | 日記
最終ダイエット

私は今、人生最後のダイエットに挑んでいる。

15年くらいぶりだろうか。

元々、ボクササイズを取り入れて3.5ヶ月で35キロの

減量に成功をした。

だが、過食嘔吐に陥ってしまった。

それから、根本的に食べることがすごく好きなのだろうと

思う。

だからなのか、結局三年くらいでまた元の体重以上に戻って

しまった。

これは死活問題だ。苦労が水の泡となってしまった。

それから今度は、約一年間をかけ、毎日2時間のウォーキングと

少量の米、鶏肉のササミ、ブロッコリーが基本メニューで

継続をして見たところ、約55キロの減量結果が出た。

今思うととても凄いことなのだが、はっきり言うとこういった

方法で痩せても、少なくともこの私には、いや食べることが

根本的に大好きな人には正直、お勧めしない。

まず間違いなく、いや絶対に#リバウンド地獄#から抜け出せなくなる。

ダイエットは本来ウェイトコントロールと言って、今ある体型の向上を

目的とされるべきで有って、直訳に値する食事の制限は、脂肪にある

エネルギーを代わり消費させようといった概念である。

なので、トータルで行わなければ本来、意味を持たない。

食べるから太るのには、違いは無い。

そうなって来ると、食べる事に根本的に「こだわらない」という術を

身につける以外、方法は無いだろう。

ついに最後のダイエットから15年が経過して、この術というかスイッチが

入った。

だが、自分の忠告だが仮にこれで結果が出て、微塵でも浮かれると

何かの法則で、ストレスがたまる結果を生み出すと思う。

大きな失敗があったから、ここに行き着いたようなモノで、擬似的に

身体を騙すとか、薬に頼るとか、水を多めにとるとかそういった類いで

有ったり、何かのおまじないがある訳でも無い。

よく分からないが、腹回りの写真くらいは撮って置いた方がいいのか。。

これも商売などには、とてもならない。何故なら、これを確立して

情報共有することがあっても、

今まで(今もか)、ダイエットという名目であり得ないほどのお金が

浪費されている事実が世の中には、山のように有るからだ。

だから、写真を載せることも無いかと思われます。

ヒント:

呼吸を維持をすること

プラス

むやみに忘れたことを思い出そうとしない

プラス

無理をする気持ちから離脱する

追記事項(下記)

今回、ダイエット開始から約一ヶ月が経過。

現在、大凡(おおよそ)6キロの減量に成功中です。

私が無理を決してしないで、ウエイトのコントロールをしている

項目をご紹介したいかと思います、

いかに無理をせず、リバンドもせず、トータルで痩せて維持をするかが課題です。

・どうしても口にしたい場合、チョコレートでまかなう。

・飲水(スポドリ・お茶など)でコントロール

・食後なるべく横にならない。(でも、たまには横になる)

・間食はしてもいいと考えても良い(おやつOK)

・夜の仕事などで夜中食べる場合、昼はなるべくなら空腹がベスト

・我慢はしないこと

・失敗しても、一週間くらいなら全然問題なし!

・バランスボール、ウォーキング(屋内では腹筋を常時、意識するだけでも良い)

・慣れてきても、無理しない、結果を急がない

・適度に自分にご褒美をあげること

・肉体に執着し過ぎない

・カロリーにしばられないように、カサがあり腹モチの良い(米など)モノを、
 栄養のバランスもきっちりと摂ること。

・同じ事を繰り返す事は苦痛となるので、三歩進んで二歩下がるくらいが丁度良い。

・無理をしていると思ったり、考えたら、即、小休止。

・にわかに限界を感じたら、黄色信号

・自分の身体(細胞)を自覚してあげて、愛すること。

・お肉(ぜい肉)も自分の大切な身体の一部分という認識に努める。

・常に腹部を意識をして、ヘソ下2cmに鼻からの息を当て、呼吸を決して切らずに、
深呼吸をしたり、呼吸の維持に努める。

・あきらめないこと!

以上。

最後までご一読くださり感謝です。



















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 命の水 | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL