太極の家

太極拳から入る、東アジア精神文化の探求

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

静坐

2017-06-10 19:56:51 | ホームページ
古い友人が難病にかかってしまった。 汪氏によれば、鄭子は難病奇病に対してこそ最も効力を示すとのことだが、残念ながら友人の体力は鄭子の稽古に堪え得ないのである。 そこで考えたのが、岡田式静坐法である。 遠い昔、駿台の桑原師から親しく教授されたものである。 

岡田式に関して少し意外だったのは、森本省念師が愛弟子の一人に勧めているという事実である。 

筆者は森本省念師のことをまるで知らなかったが、M崎J空師が熱心に語られるのを聞いて強い関心を抱いたのである。 M崎師の話というのは、H田師を痛烈に批判する中で出て来たもので、H田師がしばしば行き先も告げずに寺を留守にして、雲水たちもいつ師匠が帰るのかわからないというありさまだったが、それに比べて森本省念師はまるで違っていて、方丈の入り口にはいつでも草履が揃えて置いてあった(365日、24時間、独参を受け入れていた)というのであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七つの原理 | トップ | 古い友人へ »

コメントを投稿

ホームページ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。