とぎれとぎれの物語

瀬本あきらのHP「風の言葉」をここで復活させました。小説・エッセイをとぎれとぎれに連載します。

あちこち「SYOWA」 92 吉永小百合さんの「第二楽章」

2017-02-09 00:07:10 | 日記
「第二楽章」。これは吉永小百合さんの原爆詩朗読のCDのタイトルです。Aは何度となく教室でこの声を生徒に聞かせました。ざわざわしていた教室が、始まるとシンと静まり返って、怖いほど張り詰めた空気が漂いました。これは決して忘れることのできないAの尊い思い出の一つです。
(敢えて「SYOWA」の中に入れました)

吉永小百合さん原爆詩朗読 ピアノ坂本龍一さん


「第二楽章」について

「核兵器のない、平和な二十一世紀を願って、祈るような思いで朗読しました…」

吉永小百合が女優として知った“ヒロシマ”を、様々な女性が記した「原爆詩」の朗読と、美しい音楽にのせて綴る珠玉のアルバム!

【音楽】
編曲(M3,7):大島ミチル
演奏:村冶佳織(クラシック・ギター)、三浦章広 室内楽オーケストラ/弦楽四重奏

【ジャケット】
挿絵:男鹿和雄

【オリジナル発売日】
1997年6月21日


01 詩:序 BGM:Introduction & Rond OP.2-2

02 詩:ヒロシマの空  BGM:Largo non tanto

03 Piano Concerto NO.21 K.467 2nd Movement

04 詩:生ましめんかな  BGM:Sonata OP.1-15 4th movement

05 詩:うめぼし  BGM:Le Jasmin OP.46-4

06 詩:慟哭  BGM:Adagio

07 Siciliana

08 詩:子供たちの詩  げんしばくだん おとうちゃん 先生のやけど 無題  BGM:Sonata K.11/L.352

09 詩:燈籠ながし  BGM:Chant D'amour

10 詩:折づる 永遠のみどり  BGM:Sinfonia from Kantate NO. 156 BWV156

11 第22番 ハ短調 アダージョ(レニャーニ:3つのカプリス~36のカプリス OP.20)


うめぼし(朗読詩の中の05「うめぼし」についてのAの新聞投稿)

 八月六日を迎えると何故だか胸が騒ぐ。原爆の日だから? いや、そのこともある。もっと燃えたぎったもの、例えば平山郁夫氏の「広島生変図」の原爆の火炎をにらむ不動明王のような情念である。炎は死に誘う。しかし、不動明王は生の象徴。その画面から「生きとる 生きとる」というかすれたお婆さんの声が聞こえてくる。それが人類不滅を語っているような気がして胸が熱くなるのである。
 「第二楽章」というCDがある。教室で子どもたちに聞かせた。すると、普段はざわつくこともある授業が不思議なほど静かになったのである。以来、毎年機会を見て聞かせた。反応は同じだった。このCDは原爆詩の朗読を録音したものである。読んでいるのは吉永小百合氏。一九八六年の反核平和集会で読んだのがきっかけになり、その後全国各地で大小の朗読会をした。請われてアメリカにも出かけた。「生ましめんかな」、「慟哭」などの劇的な詩の中に、「うめぼし」という地味で素朴な詩が挿入されている。作者は池田ソメさん。瓦礫(がれき)の中で三日過ごして体が極度に衰弱していた。ところへ、誰かが通りかかる。「この婆さんは死んでしもうたか/かわいそうに」という声が聞こえてきた。するとこのお婆さん、力の限り「生きとる 生きとる」と訴える。すると、誰かがうめぼしを口へ入れてくれた。それが生きる力になったのである。何とも切なく、しかも心が熱くなる話である。
                                 (2004年投稿)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あちこち「SYOWA」 91 SALVAT... | トップ | あちこち「SYOWA」 93 愛と死... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。