とぎれとぎれの物語

瀬本あきらのHP「風の言葉」をここで復活させました。小説・エッセイをとぎれとぎれに連載します。

あちこち「SYOWA」 79 『緋牡丹博徒』 山下耕作監督 藤純子、高倉健

2017-01-24 23:52:32 | 日記
『緋牡丹博徒』 山下耕作監督 藤純子、高倉健、若山富三郎、Japanese Yakuza Movie


藤純子を初めて映画で見たのは確か近衛十四郎主演の「柳生武芸帳」だったと思います。ああそうでした。お亡くなりになった松方弘樹さんのお父さんです。お父さんは素晴らしく存在感のある時代劇俳優でした。「柳生武芸帳」では親子共演でした。

柳生武芸帳 剣豪乱れ雲(1963年8月7日公開)

監督:内出好吉
脚本:高田宏治

出演

柳生十兵衛:近衛十四郎
飛鳥井大納言時光:松方弘樹
松平伊豆守:北龍二
板倉重宗:徳大寺伸
柳生但馬守:永田靖
登世:藤純子

『緋牡丹博徒』では打って変わって藤純子は今までにない気風のいい女渡世人を演じていて、しかも高倉健と共演していましたので、もう簡単にノックアウトされてしまいました。

富司 純子(ふじ すみこ、1945年12月1日 - )は、日本の女優・司会者。血液型O型。和歌山県御坊市出身。旧芸名は藤 純子(ふじ じゅんこ)。本名は寺島 純子(てらしま じゅんこ)、旧姓は俊藤(しゅんどう)。2007年(平成19年)に紫綬褒章受章。2016年(平成28年)春の叙勲で旭日小綬章を受章。

1967年(昭和42年)、『尼寺(秘)物語』で初主演。1968年(昭和43年)、『緋牡丹博徒』で本格的な主演で主題歌も歌い、ヒット。主人公・緋牡丹のお竜(矢野竜子役)でシリーズ化され、若山富三郎・菅原文太と共演した1970年(昭和45年)の第6作目『緋牡丹博徒 お竜参上』はシリーズの代表作となった。『緋牡丹博徒シリーズ』の他に『日本女侠伝シリーズ』、『女渡世人シリーズ』もヒットし、東映スターの仲間入りをした。背に彫った緋牡丹の刺青を見せる『緋牡丹博徒』については、当初は肌を見せることに抵抗があり、出演を拒んでいたが、俊藤に説得されて渋々応諾したという経緯がある。しかし『緋牡丹博徒』の人気を直に感じて「父の凄さを初めて理解した」と回想している。(Wikiより)

(参考)「柳生武芸帳」

1961「柳生武芸帳 夜ざくら秘剣」 近衛十四郎

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あちこち「SYOWA」 78 夢千... | トップ | あちこち「SYOWA」 80 七人の侍 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。