RussianBlue

灰色猫の徒然帳です

011:都

2017年05月19日 | 題詠ブログ2005
今僕は首都高速の星なのさ夜景を彩る一等星さ
人知れず大地のしたに埋もれてる古き都を火山のみ知る
人知れずジャングルの奥眠ってる古き都で生け贄は死す
雅という着物を脱いで迷い込む樹海は古都の対極にあり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 010:線路 | トップ | 012:メガホン »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。