RussianBlue

灰色猫の徒然帳です

080:響

2017年05月02日 | 題詠ブログ2006
ひらいては散りゆく花火とどろきが夏の挽歌の残響としてある
とどろいて散りゆく花火ひと夏の恋の残響として聞く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 079:芽 | トップ | 081:硝子 »

コメントを投稿

題詠ブログ2006」カテゴリの最新記事