《稲敷野菜ランド・稲敷アピオス最新情報》日本一の美味しさを目指し、こだわりを持った健康・美容野菜を栽培致しております。

茨城県の緑豊かな稲敷台地より、アピオスを始め、トマト・スイカ・ゴーヤ・ズッキーニ・・イモ類等の野菜栽培情報を発信致します

美味しいフレッシュな野菜《稲敷野菜ランド・稲敷アピオス最新情報》カルシウムがじゃが芋の30倍とミネラル豊富なアピオス!!

2017年07月11日 | フレッシュ野菜・美味しい・新鮮・七月の
ネットで売れてるフレッシュな野菜アピオスは、美容・健康・ダイエットに最高です!
今年は、昨年に比べて成育が早いですね。

花も咲き始めました。紫色とピンクの混じった色です。

『稲敷野菜ランド最新情報』ブログは、ふしぎな珍しいお芋アピオスについて発信したいと思います。
『アピオスって何?』
ほとんどの皆様には、どんなものなのか、見当がつかないと言うのが正直なところだと思いますす。『なぞのふしぎなアピオス』とは、健康食品として今メディアで人気話題になりつつあり、健康を維持するには驚異的な栄養成分を含んでいる、なぞのふしぎなお芋と言えます。
それでは、下記の写真にて小粒の稲敷産アピオスと大粒の稲敷産アピオスをご紹介致します。
小粒(Sサイズ)の稲敷産アピオス

中粒(Mサイズ)の稲敷産アピオス

大粒(Lサイズ)の稲敷産アピオス

ふしぎなお芋アピオス(俗称:アメリカほどいも)は、歴史を紐解くと元来はインディアンの戦闘食であった。白人のアメリカ上陸により、先住民族であったインディアンは、今まで住んでいた土地を追われ、荒れ果てた山の頂きに砦を築き、中腹に穴を掘って立てこもり、必死の抵抗を試みました。当時インディアンたちは悲壮感が漂い、長老の頭にひらめいたのが、山のくぼみや湿地帯に自生いているアピオス(アメリカほどいも)でした。その昔部族たちが勢力を伸ばそうと戦った時、アピオスをかじって体力をつけていたのを、長老は思い出したのです。
そこで彼らは手分けをして、アピオスを山のくぼみや湿地帯から採ってきて保存し、戦いの前には必ず食べて精力を蓄えたのだそうです。”そうです、なぞの変わったお芋アピオスは、インディアンが生き抜く為に、窮地から見つけ出された唯一の作物だったのです。
今日は正月ですので、お雑煮にアピオスを入れて食べてみました。甘栗とじゃが芋の中間の味でちょっと甘いです。

美味しいフレッシュな野菜《稲敷野菜ランド・稲敷アピオス最新情報》




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気のフレッシュ野菜《稲敷... | トップ | 七月のフレッシュ野菜《稲敷... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがりの者)
2016-11-23 12:08:24
たまたまリンクでたどり着きました。セモリナの味好きだったなぁ。いつの間にかなくなってどうしたのかと思っていました。復活お待ちしてます。

あわせて読む