《スープパスタの店・セモリナ改めアピオス最新情報》アピオス芋使用の、女性に人気のクリームスープパスタの店を再度出店したい

女性に人気の美味しいスープパスタの店を出店すべく、アピオスポテト・さつま芋・じゃが芋・玉葱・トマト・なす等を栽培研究中。

《ポテト工房・アピオス最新情報》将来人気野菜の肥料作り・EM有機肥料の作り方

2017年02月13日 | 将来人気の・土作り・野菜作り・アピオス畑
今日は人気の美味しい野菜《アピオス》を作る為に、EM有機肥料を作りました。
以下の写真を見ながら、ご説明したいと思います。
まず始めに、籾殻5%入りの米ぬか5kgをプラコンの中に入れます。

次に、大豆粕3kgと魚粉2kgを入れます。

次に、粉の状態で手でかき混ぜます。

次に、本日の主役であります、有用微生物土壌改良資材《EM・1》の登場であります。
ちなみに、EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。

このEM・1は、好気性と嫌気性の微生物(乳酸菌群・酵母群・光合成細菌群など)を天然材料で複合培養したものです。これら種々の微生物の働きが有機物の処理、環境中の微生物の活性化を行い植物の栽培に好影響を与えます。
次に、水をバケツに10ℓ入れておき、その中に微生物であるEM・1液100mℓと糖蜜100mℓを入れて、かき混ぜます。


次に、EM・1液と糖蜜の入った水10ℓをバケツからじょうろに移し変えます。

次に、米ぬか・籾殻・大豆粕・魚粉・海藻粉末の入ったプラコンにEM希釈水をかけます。

次に、水をかけながら何度も何度も粉類をかき混ぜ、粉類が均等になるようにします。

最後に、粉の状態が水と混ぜ合わさり、にぎった感触がさらさらでもなく、べとべとでもない、おにぎりのような感じでしょうか?!(例えが下手ですみません)

EM・1液入りの水と粉類が良く混ぜ合わせましたら、足で踏み固めます。
踏み固めたEM有機肥料は2~3時間放置します。

放置して置いたEM有機肥料を、籾殻入れビニール袋に移し変えます。

籾殻入れビニール袋に入れ終わったら、空気をしっかり抜いて縛ります。

こうして出来上がったEM有機肥料は、なるべく温度10度C以上の暖かい場所で、最低1ヶ月以上発酵させます。その後野菜作りの土壌に御使用下さい。
将来人気野菜の肥料作り《ポテト工房・アピオス最新情報》
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《ポテト工房・アピオス最新... | トップ | 《ポテト工房・アピオス最新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将来人気の・土作り・野菜作り・アピオス畑」カテゴリの最新記事