仙北市立中川小学校

学校の日々を管理人のつぶやきでお伝えします

4月20日(木)子供と大人の感覚の違い?

2017-04-21 11:41:51 | 日記

またまた、1日遅れの更新となってしまいました。申し訳ございません。

昨日は、標題のような「子供と大人の感覚の違い」というか、「子供達の目の付け所はおもしろいなあ。」という場面に出会いました。

1年生の教室に行くと、算数の学習をしていました。

黒板には「10までの数を見つけよう。」と書かれていました。

先生が黒板に数のブロックを貼り、それと同じ数だけある物を見つけるようです。

プリントは、このようになっていました。

「6」を探す場面でした。

1年生の子供達は、すぐに「カエル」を見つけました。

先生が次に移ろうとすると…。

「6は、まだあるよ。」と男の子が言いました。

すると、別の子が、「私も見つけた。」と言い出しました。

「え?」と思って、プリントをよく見てみると…。

もしかしたら、あれかな?

みなさん、気付きましたか?

1年生の子供達が見つけたのは、クマさんが乗っている乗り物の小さな「まる」の数。

そして、カエルさんがもっているつりざおの数でした。

私たち大人の多くは、おそらく、プリントの中にいる「いきもの」の中から「同じ数のもの」を探そうとするでしょう。

でも、この1年生の子供達は、「6つあるもの」という視点で柔軟に見つけ出そうとしていたのでした。

従来から、教育の世界では、「子供から学ぶ」ということが言われてきましたが、今日であった場面は、正に「子供から学ぶ」でありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月19日(水)身体測定が... | トップ | 4月20日(木)続きです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。