仙北市立中川小学校

学校の日々を管理人のつぶやきでお伝えします

4月25日(火)今年度最初の授業参観の続き

2017-04-25 21:31:36 | 日記

”2年生以上は進級後発”になっておりました。”進級後初”の誤りでした。

 

さて、2年生に行ってみました。「どきどき わくわく まちたんけん」と黒板には書かれています。

どうやら、中川地区の自慢、いいところなどを見つける活動のようです。

子供達が大きな中川地区の地図のパズルを組み立て始めました。

ちょっと時間がかかりそうなので、3・4年生の方に行ってみます。

 

黒板に書かれていたのは、「家庭学習の内容をレベルアップさせよう」

家庭学習についての秋田県の取組は全国的に大変注目されており、書籍にもなっているほどです。

家庭学習の内容のレベルアップのための学習は、全国的に見ると、秋田県が先行しているのかなあと感じます。

「何を使えそうかな?」という問いかけに、次々に手が挙がりました。

「かけ算九九につながるようなものを使えば…。」

「ものさし」「そろばん」「じょうぎ」「前にやったテスト」「教科書」など、いろんなアイディアが出されました。

それらをヒントに、「自分はどうしようかな?」と自分の取組について考えます。

これは、「家庭学習で何をやるのかは自分の問題だけれど、一人で考えてもアイディアが広がらない。だから、みんなで一緒に考えて、出されたアイディアを基にして、自分はどうするかということについて、自分で決めて、実行に移す。」という活動です。

「みんなで考えたこと」をヒントにして、「自分でがんばること」を決める。

このような活動は、自分の考えを広げたり、新しい見方に触れたりさせたいときに、とても有効な場合が多いと感じています。

今後の取組の変化が楽しみです。

 

次はサンサン学級へ行ってみます。

サンサン学級のM先生は、私と同じく「今年から中川小に来た先生」なので、「M先生に中川小のよいところを紹介しよう!」という活動をしています。

「自然がいっぱい。」

「給食がおいしい。」→「例えば?」→「デザート。」「でも、みんなおいしい。」

「先生方が楽しい。」→「えっ、どんなこと?」→「楽しいお話をしてくれる。」

この後、おうちの方からも質問がありました。

「休み時間は、どのようにしているの?」→「外やなかよしホールで遊んでいる。」→「例えば何を?」→「鬼ごっことか、ボールを使って…。」というように話がふくらんでいきました。

「自分のこと、自分の考えていること」を伝えるために、とても大事な学習だなあと感じました。

 

さて、次は5年生です。H.T先生、期待してしまいますよ。

どの学年もよく使っている”自分専用のタブレット”なのですが、5年生の活用頻度は、とっても高いです。

今日は、デジタル教科書を使って問題解決のためにやってみた「自分の考え」を、電子黒板に配置して、「考えを分類し、解決方法の肝(大事なポイント)」をまとめるという時間でした。

子供達の机の上を見ると、「ああ、そう考えたのか。」という画面を表示したタブレットがありました。

「自分で考えた方法でない、他の人の考えを説明する。」という「他者説明」という活動に入りましました。

自分の考えではないのに、考えをしっかりと読み取って説明しています。

文部科学省をはじめ、全国的に「大切な活動」に位置付けられている「他者説明=他の人の思考を読み取る」という活動が、中川小では、このように自然に行われています。この点について、本校の先生方に、とっても感謝しております。

 

さて、6年生はどうなっているのでしょうか? 行ってみます。

社会科の歴史の学習をしています。

参観のお母さん達も一緒になって、何かを探っています。

縄文時代の「絵」から読み取ったことを書き留めています。

「よく見ること」「比べてみること」「関連付けてみること」など、いい力を育てる活動をしているなあと感じました。

 

最後に、1年生の教室に戻ってみました。

「「てんてんのつく言葉カルタ」で盛り上がっていました。

でも、その中にも、「相手の人を大事にする。」という「土台となるルール」があり、「保育園と小学校のつながりの大事さ」を感じたところでした。

明日に続きます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月25日今年度最初の授業... | トップ | 4月26日(水)本格的な雨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。