ぶらりボルネオ島 と おネコ様

BORNEO島(コタキナバル)での日常生活と時々ネコのこと。
何か面白いことないかな~と そのことしか頭にない…

明日にかける橋

2011年11月30日 | 1 BORNEO 
  やっと、やっと 完成  です。 もうずいぶん時間がたってて 一体いつまで待たせるの?

 と思っていたら 知らないうちに開通して もうみんなどんどん利用してるではありませんか~ 

 除幕式には招待されなくても行っちゃうもんね~  なーんて 大きな事言ってましたが

 誰かの許可があるわけでも無く、 利用者独自の判断で、 渡れるならOK! みたいでした。

  少しづつ完成してたのは知ってましたが、あったはずの屋根が撤去されたり、階段に手すりが無かったり

 下が丸見えの忍者屋敷みたいな階段が そのまんまだったりで 渡るに渡れませんでした 

 何人かの勇者が渡ってるのを見て 僕も私も… と次々にチャレンジしてるようでした。

 しかし先週あたりから 小さな子供やお年寄りも渡っていたので ついに”完成”した様子です。

  これで 不幸な事故もグーンと減って みんなニコニコ  といきたいところですが ありゃりゃ~?

 乗りたいバスが来てると 向こう側からあわてて道路をひた走る 数名の子羊たちが  

   危ないよ~。 せっかく州の役人がお情けでつけてくれた? 立派な歩道橋があるんだから

 命と引き換えてまで  無理な横断することないって~
    と叫びたいのは山々ですが、

 しばらくはこういう状況も続くんでしょうね   バス停までは 贅沢にも?屋根がずーっとあるので

 強い日差しや、 土砂降りの雨でもへっちゃらで~す   わーい! わーい!


      
  守り神様?    1Bから見ると   橋の上に上がると    階段下りる途中    橋の全景(すばらしい)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クダッの旅(後編)

2011年11月29日 | 国内外旅行

  翌朝ホテルを5時半に出発して 昨日見れなかった ”TIP OF BORNEO” を目指します。

 朝日の中で見る最北端の景色は 素晴らしく、 潮風を受けてしばし時を忘れます   

 ここの波は 次々に打ち寄せてきて  芋の子洗うような場所が嫌なサーファーにおすすめ!

 流れが速いせいか?海岸にはごみもなく、小さな粒子の砂浜もとてもきれいです。海岸にはロッジもあります。

  朝食を済ませると、次は”マングローブ蟹の養殖場”の見学です。 まだまだ始められたばかりだそうですが

 施設はとても立派で オーナー自ら 稚魚やエサについて詳しくお話し下さいます。

 稚ガニの放流も見せて頂きました。 稚ガニが 食材になる位に成長するまでには 8か月の月日がかかるそうで… 

 その間の水質管理や 鳥からの被害を避けて 独り立ち?するのを見届けるのは 大変な気苦労だと思いました。
 
  そしてお待ちかね  ここでもカニ・海老・牡蠣海鮮三昧! 本当に 地上の竜宮城 でした。

 とっても楽しいミニ旅行も無事終わり、 また来週 反省会?で皆さまにお会いできそうです 
  

            
   最北端の地     向うはフィリッピン     出た~海鮮天国     カニ・蟹・かに道楽
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ミステリーツアー(クダッ)

2011年11月28日 | 国内外旅行
  ひょんなことで、 旅行に誘って頂き 週末は1泊2日の”クダッの旅”に参加してきました。

 ご一緒するのは すこーし年上の お兄様 お姉さま方 と私の 総勢8名 

 車での旅です  ホテルも全て手配頂き、 連れてってもらえる上に 内容は  ひ・み・つ の?

 まさに ミステリーツアー  ( 打ち合わせに参加できなかっただけですが… )

 朝7時に1Bを出発!  クダッを目指して どんどん どんどん北上します 

 コタブルッの町に近づいてくると 道路わきには美味しそうなフルーツや 焼きたての炭火焼きトウモロコシ

 民芸品(籠類)をあつかう小さなお店が点在して来ます。  その一軒に休憩を兼ねて立ち寄って

 熱々のトウモロコシを頂きました。 コタブルッはカウボーイの町というだけあって 道路には放牧された

 牛たちがお散歩してたり、 草をはむはむと食べたり お昼寝してたり 牛の楽園です 

 看板にも”牛注意”とありますが、 90キロの制限速度なので 遠慮なくスピードを出す心無い人に 

 傷つけられた牛の姿は 悲しい思い出になりました  柵がしてあればいいのですが、牛たちは草を求めて

 横断してしまうのです。   もちろん人間が 牛の領域を犯してるのは間違いありません。

  その後なかなかツアーでは立ち寄ることのできない 小さな漁村やLONG BEACH  に向かいます。

 BEACHでは 初めて見た  アダンの実を教えてもらったり (パイナップルに似てます)

 めずらしい貝殻を拾ったり、 砂浜にカニが作った 幾何学模様の美しさに酔いしれたり  …

 クダッに着いたのは夕方で  突然のスコール!  夕日を見ることはあきらめましたが

 海辺のローカルなレストランで  これでもかってくらい出てくる 新鮮な魚介類の料理

 みーんな大満足   それはそれは美味しくて 申し訳ないくらいリーズナブルでした。

       
   高級魚 ハタ  かわいいホタテ  ブンガ・ラヤ   白いはちみつ

   
  
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

愛国心

2011年11月27日 | 日記
  マレーシアの人々は たぶん マレーシアの国が大好き  なんだと思います。

 ときどきローカルのTVを見てると 国歌以外の マレーシアを歌った歌が流れてきます。

 バスに乗っても 運転手さんのかけるCD?から マレーシアを歌った音楽  が聞こえてきたりもします。

 私のようなビギナー在住者でも 曲名は知らなくても 旋律だけわかる曲が5曲はあります。

 わかり易い曲は ”サトゥー マレーシア” 13の州からなるマレーシアは  国は1つ

 みんな1つになろう!
 とうたった歌です。  その他 ”マレーシア・イノバティフ ” と歌う国家の繁栄を

 願った歌。 どの歌も明るくて、 わかり易いメロディです。  悪く言えば同じようにも聞こえますが…

 私の祖国ではどうでしょう?  唯一国歌とされてる歌でさえ、 最近は学校でも歌わなかったり

 反対派の圧力におされたり…  これからは歌えない・知らない世代になってしまうのかな~ 

 街で見かける ローカルの人の中には、 I LOVE  SABAH とか I LOVE  K K

 のTシャツを着てる男の子を目にすることもあります。  日本で言えば I LOVE  CHIBA とか

 I LOVE  NERIMAって感じですが、 大きなコンサート会場でも たぶん見かけませんよね~ 

 本当にこの国が好きなんだ~  と ちょっとうらやましくなったりもします…  

  まだまだ  発展途中の国で、 民族間の対立、 貧富の差、 交通渋滞と 問題は山積みですが

 年中暖かく、物価も安く、自然はいっぱい、食べ物もおいしいし、 のんびりした国民性 

 都会と田舎共存がする不思議な町。
   まだ未経験の方は 是非一度遊びに来てください 
 

                 
             雨が上がると 強い日差しが射し こんな虹がやたらと見れます 
 


  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

KRAF MALAYSIA

2011年11月26日 | イベント
  やっちまった~!の クリスマスデコについては  昨日アップしましたが 

 正面玄関から中に入ってすぐの 踊り場には  なんだかほっとするコーナーが設置されてます。

 ブースには 伝統工芸品が展示され こちらのディスプレーはとても素敵 
 
 

  ”KRAF MALAYSIA” と銘打って 地下の中央広場ではイベントが繰り広げられています。

 約50店舗のお店が それぞれ工芸品民芸品を展示販売していますよ~ 

 お馴染みの 籠や小物入れ・ハエ除けのカバー・キーホルダー木の皮を使ったベストや文房具

 伝統的な楽器・民族衣装など‥   初めてみる方には 興味深いものばかりではないでしょうか?

 わざわざ暑い  Fマーケットに行かなくても お土産はここで十分調達できること間違いありません  
 
 売ってる人がローカルの方なので お値段も良心的で  少なくともぼったくられる心配はなさそうです

 今回はカサダン・ドゥスン族の衣装で (昔の鼓笛隊みたいなのですが)黒地に金のモールに入った

 衣装以外に 帽子の様に被る刺繍された布や 女性が身に着ける凝ったビーズのアクセサリーも

 たくさんありました。   この催しは 11月24日~29日 まで 毎日 朝10時~21時 まで

 開催されるようです。  商品は手作りのため どんどん追加で入荷することはなさそうですので 

 もし、 この機会に民芸品が欲しいなーと思ってる方は  お早めにどうぞ!

 どの商品もほこりを被ってたり、あめ色に変わってたりしないので 最近作られたものだと思います
。 
 
     

      

      

 ※ 今回はおすすめ商品が多すぎて 写真が選べなかったので((+_+)) ほとんどアップしてみました。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加