田舎暮らし~南信州四季折々の記

南アルプスと中央アルプスをのぞむ田舎での四季折々のつれづれの記写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

道の駅に寄りながら渥美半島伊良湖岬まで 後編

2017-04-21 13:43:39 | 日記

   田原市の芦が池農業公園(サンテパルクたはら)に行きました

   渥美半島の菜の花はもうシーズンが終わっていると思ったけれど

   ここのチューリップは見ごろとの情報を得ていたのでぜひ寄ってみたいと思いました

   田原市とJA が共同で運営している施設ということで農業体験などができる施設です

   レストラン、ファストフードのお店、お土産や農産物の販売コーナーがあります

   また遊具やミニアスレチックがあり、小動物と触れ合う事も出来ます

   体験教室も月に何度か開かれていてウインナー、アイスクリーム

   パン、お菓子、石鹸、フラワーアレンジメントなどの手作り体験ができるようです

   道を隔てた小高いところに花畑があり、期待していたチューリップが

   きれいにさきほこっていました

    

   チューリップ以外にもパンジーやネモフィラなど春の花が咲き競っていました

     

   高低差があるので上り坂になっていますがきれいな花を眺めながら登るので

   坂道も苦になりません

   上からの眺めは色とりどりの花を一望でき、建物の先には池ものぞめます

   

   

          次は道の駅「あかばねロコステーション

           

   農産物の販売コーナーには野菜はもちろん、地元産の花がたくさん並べられていました

          アジサイも色とりどり

   

   観光情報のコーナーには渥美半島の大きな地図があって観光スポットがわかりやすくなっています

     

   2階に上がると展望デッキがあり太平洋が一望できます

   この赤羽海岸は全国有数のサーフポイントで世界大会も開かれるとか

   

   あいにくの曇り空だったので冴えない景色ですが

   晴れていればスカッとしてさわやかな景色なのではと少々残念

   ここを過ぎるともう道の駅はないので岬の先端目指してひたすら走るのみ

   

   海岸沿いを海を眺めながら走ります

   

   岬が見えてきました

   

   ついに目的地到着 恋路が浜も曇り空で、スカッとした爽快感がなく残念

   雨が降らなかっただけでも良しとしましょう

   

   駐車場前のお店では名物の大アサリ等焼いていて、いい匂いに誘われて入りました

   

 食べかけ

   大浅利3個で500円 おいしくいただきました

   翌日は朝から雨 帰りは国道153号線を通って帰りました 

 

   

 

 

   

 

   

   

   

   

   

   

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜めぐり 南信州の桜の名所 | トップ | 花の種をまきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。