田舎暮らし~南信州四季折々の記

南アルプスと中央アルプスをのぞむ田舎での四季折々のつれづれの記写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

田舎の珍味

2016-10-15 20:12:37 | 日記

   先日こんなものをいただきました

                

   さてなんでしょう  よく見るとわかります

   昆虫です 毒があるのでかなり危険です

   正解はスズメバチです 幼虫~成虫になりかけのものまであります

   佃煮風にあまからく煮てあります 見た目がグロテスクなので見慣れない人は驚きます

   信州では地蜂(スガレ蜂)などの蜂の幼虫をこのようにして食べます

   今では珍味として高価な食材となっています

   缶詰や瓶詰などにもなっていて蜂の子として売られています

   直径5センチ高さ10センチに満たないくらいの小瓶に入ったものが

   1800円で売られているのをお土産コーナーで見かけました

        こんなものもいただきました

          

   紫蘇の実の佃煮です

   紫蘇の実の採れるこの時期だけの逸品です

   これはツナ缶やごまが入っていて食べごたえのあるおかずとして重宝しています

           またまたいただきものですが

       

   青唐辛子味噌です

   自家製の味噌に刻んだ青唐辛子や鰹節が入っていて

   暖かいごはんやおにぎりのしんによく合います

       これは自分でたくったものですが

              

   活フナの甘露煮です

   この時期だけのもので注文しないとなかなか手に入りません

   体長1センチ~5センチくらいまでの小鮒が活きたまま届きます

   沸騰した調味液の中に入れるときはなんだか残酷な気がして・・・

   いれた瞬間勢いよく飛び跳ねるので落ち着くまで蓋をします

   臭み取りにしょうがを入れて煮詰めれば出来上がり

         秋も深まりつつあるこの頃は朝焼けや夕焼けが良く見られます

      

   朝焼けに下の雲も染まっています  仙丈の頂がちょっと見えます  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧の朝森の中で | トップ | ル・レクチェを収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。