45才からの英語独学日記

親父English learnerです。子育ても終盤に入りました。これからは次のステージへ向かって前進!

長野へぶらりと

2017-09-26 12:17:29 | 日記
しばらくぶりの投稿になりました。

今年の夏は過ぎてみればそれほど暑くて辛いという日が多くはなかったような気がします。
昨夜は出張ヨガの帰り道をバイクで走らせていて、ずいぶんと涼しくなったなと感じました。
むしろ寒いくらい(笑)でした。

あの暑い日々がもう終わりになってしまうのも寂しい気もしますが、やはりこれから訪れる秋は一年のうちでもっとも快適で美しい季節と言えるかもしれません。
春もまた、新緑や花の色とりどりの世界は生命力に溢れ、魅力的な季節ですが、僕には花粉アレルギーが厳しく感じられ、せっかくの春の魅力を半減させられてしまいます。

皆さんはいつの季節がもっとも魅力に感じられるでしょうか。


さて先日、息子の大学の保護者会があり、そのついでにちょっと足を延ばして長野までモーターサイクルを楽しんで来ました。
保護者会と言っても、保護者同士で交流するとかではなく、子供の成績についてや就職活動、その他学生生活についての説明会と相談会と言った感じです。

また、なかなか学校に足を運ぶことも少ない親にとっては、ちょうど良い機会となります。
学食体験なんてまさにそんな感じです。
食堂にはたくさんの保護者で溢れ、圧倒されました(笑)

うちは妻が仕事なので僕一人の参加でしたが、ご夫婦参加の多いこと!

説明会では就活の話がためになりました。まだ息子は一年生なので先の話かと思っていたのですが、ぼちぼちと将来の話を親子でしないといけないなと痛感!
今の学生さんは大変ですね。僕らの時代とは違って学生時代に頑張っておかないといけないんですね。

子供が大学生になったところで、親の子育てももう終わりかなと思っていたのですが、たくさんの保護者を見て思いました。
子供が就職するまでは子育ては終わらないということ。

「勝手に好きな所へ就職すれば?」、ではなく、一緒に道を探す手伝いをしてあげなければならない。そういう時代なんですね。
受験が終わったと思ったら、次は社会人へ旅立つための準備をしなければならないのです。

まだもう少し子育ては続きます。

さてさて、学校を出てまだ陽が高い午後2時を回ってますが、行先は決まってません。
バイクを走らせながら、長野まで行ってしまおうと決めました。

碓井バイパスを抜けて軽井沢まで。
初めてのバイク旅でした。

軽井沢は子供の時から何度も足を運んでいる思い出深い場所です。電車で母親と来たり、車で家族旅行はもちろん、自転車で来たこともあります。
今回は初めて碓氷峠をモータサイクルで走りました。



赤城山の山麓にふと見つけた牧場では、乗馬の見学をさせて頂きました。
実は、馬に乗ってみたいという憧れがずっとありまして、いつかは乗馬体験をしたいと思います。
モーターサイクルは鉄の馬ですが、血の通った馬も良いですよね。本当に可愛いんですよ。



馬と見つめ合っていると何か交流ができそうな、そんな気がしてきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の学習と言えば

2017-05-13 15:38:57 | 日記


最近凄く目が悪くなってきました。
ろうがんきょう、あ、いやリーディンググラスを持ち歩かなくてはならなくなってしまいました
iPhone5では画面が小さく感じられ、ついついiPadでメールチェックや閲覧するのが常となっています。


だいぶ投稿があいてしまいました。
もしかしすると、目の老化がパソコンなどのデバイスに向かわせなくなっている要因なのでしょうか。いえいえ認めたくないですね(笑)
確かに眼鏡をかけていると頭が疲れてくるのです。

未だに遠くはよく見えます。もうちょっと若い時は両眼2.0でしたが、最近でも1.2から1.5はまだ維持しています。
以前は眼鏡をしている人がちょっと羨ましく思えたこともありました。眼鏡でお洒落できるじゃないですか。

それが老眼・・・いえリーディンググラスだと読書やパソコンでの作業用になるので、何でもいいやってことになります。
100円ショップの安物でもとりあえず間に合ってしまう(笑)

しかし、これほど使用頻度が高くなってくると少しまともな眼鏡を持ったほうが良いのかなと思うようになってきました。
あまりお洒落なリーディンググラスって聞いたことありませんが、今度調べてみようかなと思います。



さて、英語英語。

最近はと言えば、ほんとに学習って言えるようなことしてないのです。
情報収集のために洋書を読んでいるだけなのです。

これって勉強じゃないですよね。強いて言うならば、単語力が多少上がるかもしれないです。
同じ系統のものを読んでいると、繰り返し出てくる単語があるのでだんだんと覚えてきます。

ただ僕の読む洋書は、YOGAとか占い、精神世界系のものなので心身に関わる言葉や心理学用語が多いのです。
なので、実際に英会話に使えるのかという見方では多分使うことはなさそうなので、そういう意味では英語学習になってないなあという印象です。

その変わり実用レベルではとても有益な学習になっているので、これからはそちらの分野をもっと多くの方とシェアしていくためのツールとして活用しようと考えています。


先日のヨーガレッスンでは、洋書を自分なりに訳してテキストとして紹介しました。西洋人の書くテキストは僕たち東洋人と違って論理的でイメージしやすい図や説明を使っているので、まさに右脳と左脳みたいに東洋と西洋を統合するような説明は理解しやすくこれからの時代にもっと受け入れられるのではないかと思います。

占いや精神世界系の分野も西洋人の書いたテキストは怪しくないです(笑)。占いとはFortune tellingですが、運命を識るということは自分を受け入れて、自分を好きになり、その結果他人をも好きになるようになるプロセスだと分かったのは、西洋の占いである占星術を学習してからなのです。

僕たち一人一人は違う運命、つまり違う星の下に生まれている唯一の存在なので、例え親子、兄弟であってもパーソナリティが違います。それを無理やり同じ価値観にさせようと思っても無理なことだし、違うからこそ面白いし自分以外の人から学ぶことができる。

だから本当の自分を知り、一人一人が自分のことを好きになって幸せになってもらうために、Fortune tellingが古来からずっと活用されてきたのではないかと思います。

かつて僕自身も小学生時代、出来の悪い子供だったために数人の先生から刷り込まれたネガティブな自己イメージを成人する時まで持ち続けてきました。それを次第にポジティブなものへと変えることに成功したのは、実際、占いからよりも自分を愛してくれた親や兄弟、親戚、友人、出会った先生に恵まれて、これまでなんらかの活動をしてきた経験によることが大きいです。

僕にとっての占いはなぜかやはり子供の時から好きではあったけれど、様々な人々との出会いや体験に勝るものではなく、実際にはそれを一歩二歩まえに前進させてくれるためのツールに過ぎませんでした。でも、自分がそうであったように自信が感じられない、いまいち自分のことが好きになれないという人でもそれは真実ではなく、実はまだ隠された、自分でさえ知らない自分があることにまだ気が付いていないだけなのだと分かれば、人生はもっと楽しく冒険に満ちたものであることが分かるでしょう。

おっとつい話がそれてしまいました

さてそれにしても、今日から日曜をはさみ来週まで雨模様みたいですね。
アウトドア活動できない分、静かに家でできることに集中しようと思います。

皆様も良い週末をお過ごし下さいませ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい季節へ向けて

2017-04-08 11:32:49 | 日記
新しい季節が到来しました

スギ花粉の飛びが減ったみたいで、だいぶ花粉症も和らいできました。
食べ物の味と香りが分からなくなるので、食事も楽しめなくなってしまう花粉症の時期はほんとに辛いです。

臭いの判断ができないということは危険でもあります。
人の五感システムって本当に必要不可欠だということをあらためて感じます。

さて先日、息子の大学入学式が終わりホッと一息できたところです。
新しい環境に慣れるまでは大変かもしれませんが、今までの受験勉強を強いられてきた環境に比べたら遙かに楽しい学生生活が待っているのではないでしょうか。4年間はあっと言う間に過ぎてしまうので本当に充実させて欲しいなと思います。

息子の学生生活スタートに伴い、家族の生活リズムも変わってきたので、これからは変化を楽しむつもりでやっていきたいと思います
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症スタート

2017-02-28 17:52:23 | 日記
二月の最終日となりました。
ここのところ、太陽がとても暖かく感じます。

家や車の室内はかなり温度が上がってきます。
やはり季節はもう春に近づいていますね。

そして一昨日くらいから花粉症が始まったようです。
あまり認めたくないのですが(笑)仕方がありません。

記録として記しておくことにします。
もう毎年のことなので、これから二ヶ月間は奮闘することになるでしょう。

昨夜は鼻が詰まって口の中がカピカピでした。家族の中で今季一番のスタートです。

でもテレビの花粉状況ニュースにはあまり耳を傾けません。マスクもしません。してもしなくてもあまり症状が変わらないことが分かったので。

アレルギー反応は心理的なストレスにも関係しているので、できるだけ過敏に反応しないココロ作りをしなければなりません。

よくストレスにはリラックスすることが良いと言われていますが、確かに一時は回避措置として有効だと思います。でも、逃げているだけではまた次のストレスにやられるという繰り返しになります。

ストレスはコントロールできるもの。と捉えて、逃げよりも攻めの姿勢にもっていかなければいつまでもコントロールできないはずです。

ということは、ストレスのもとになっているストレッサーから逃げることではなく、自分のマインドを変えるようにし向けていく方が良いですよね。
周囲の状況に惑わされない強いココロ作りです。

その方法としては、瞑想や座禅が良いです。


さて、英語の話題にします。
最近、学習モードになっていなかったので、またアプリ学習を気軽に再開しました。

「英語組み立てTOWN」もここまで完成してきました。
なんとか最後までやり遂げたいですね。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プールと血圧の関係

2017-02-23 13:26:04 | 日記
10月からプールを休んでいて、再開するのが億劫になっていたのですが、最近また息子と一緒に通い始めました。

週に1〜2回のペースで通っています。
毎回プールのロビーで泳いだ後に血圧を測るのですが、息子と共に血圧がかなり低めだったので驚きました。

僕はだいたい上が120〜130ですがたまに140を越えることもあるので高血圧の心配をします。年齢的にも気をつけないといけない歳になっていますし。

ところがプールから上がった直後の数値は、昨夜は100ちょっとしかなかったのです。息子は100切ってました。
プールを再開してからここ2週間ほどで毎回計っていますが、どんどん数値が下がってきました。

もちろんプールから上がった直後だけの数値ですが、もしかして水圧と何か関係があるのではないかと思い、調べてみました。

どうやらホルモンの分泌に関係があり、調査によると海女さんは血管年齢が若いそうです。
つまり、水圧の影響を受けると柔らかい手足の静脈が圧迫されて、心臓により多くの血液が戻ります。すると、心臓の一部が大きく拡張して、その時に心臓の筋肉からANPというホルモンが大量に分泌されることになります。

ANPとは心房性ナトリウム利尿ペプチドのことで、心臓で分泌されたANPが血液にのって全身に運ばれ、特に腎臓に影響を与えます。

そうすると排尿が促され、身体の中から塩分が尿と共に対外に排出されるのです。

その結果血圧が低下し、血管を若く保ってくれることになるわけなんですね。
実際、ANPは心不全の治療薬として使われており、医学で認められた血圧改善ホルモンということです。

プールに入っていると、運動しているのにトイレが近くなるのは冷えのせいかなと思っていたのですが、このホルモンのせいなんですね!

プールから上がると、汗がしばらく出て来ますから、冷えと言っても運動量からすると体はアツアツなんですね。真冬なのに。

運動効果も高く、血管年齢も若くなるなんてすばらしい!
水泳は苦手で嫌いだったのに、もっと好きになりそうです。

補足ですが、全身が水圧の影響を受けていれば良いので泳がなくても大丈夫です。
歩いているだけでもANPの促進がありますから、泳げる必要はありませんよね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加