心の意伝詩

やすらぎ.lab

090-3755-0061
022- 743-3375

言葉

2016-11-10 14:40:45 | ラカン

言葉は、水に例えられる事があります。

 

「水は方円の器に随う」という諺があります。

人は、環境や人間関係に感化され、良くも悪くもなるという例えです。

 

もっと具体的に言えば、コップ1杯の水は、コップの形に収まっていますが、

器の形によって、ワイングラスの形にも収まるし、

花瓶の形にも収まるし、やかんの形にも鍋の形にも収まります。

 

私たちも、

「何着ていけばいい?」「どっちが似合う?」と言われれば、

瞬時にスタイリストにされるし、

「お腹痛いよ・・」「熱があるみたい・・」と言われれば、

瞬時に看護婦さんやお医者さんになり、

「○○まで、乗せて云って。」と言われれば、

タクシーの運転手になり、

「早くして!」「急いで!」と言われれば、

私は、のろま・・になります。

 

このように私たちは、他者が指し示す言葉によって一瞬のうちに

主体を変貌させられてしまいます。

 

だからこそ、

「私は、○○!」と、自分が何者なのか決めておく事が大事なのだとラカンは言います。

これを自己規定と言います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加