心の意伝詩

やすらぎ.lab

090-3755-0061
022- 743-3375

憧れ

2017-12-01 22:36:57 | 男と女

子供が、性差を意識するようになる時期をエディプス期と言います。

ペニスが有るか無いかに気づき、

「男らしさ」「女らしさ」という、「らしさ」を学ぶ時期です。

 

どのようにして学ぶのでしょうか?

父と母の役割りの差異、そして力関係の優位性、

どちらが主導権を握っているか。

 

母が持てない重い荷物を父は持てるとか、

どちらが財布を握り、お金を動かしているか、

誰の言葉に決定権があるかなど。

 

それまでは自分の世話をしてくれていた

身近な母に愛着を抱き、憧れ、母が全てだったのに、

母にはペニスが無いだけでなく、

父に比べて力が弱く、権力も主導性も無い事を知ります。

 

そして、父には家族をまとめ、引っ張っていくリーダーシップがあり、

頼りになる父、権威ある父に気づいた時から、

父のように成りたい、父に愛されたいと、

父に憧れるようになります。

 

それは、今まで何でもしてくれた、

一番の母に対する失望の時でもあります。

なんだ・・、母には無いのか・・。

 

でも、そんな凄い父を選んだ父は、もっとすごい!と、

一時、失望した株は、また一挙に上昇!!

と、なれば理想的ですが、

  

そういう体験をしていない人も多く居ますし、

男性に憧れないという人も居ます。

 

ペニスは力の象徴であり、権力の象徴ですが、

もし母に権力があり、家庭の中心であって、

母が父に頼る事もなかったならば、

母の株が下がる事も無く、

父に憧れる事も有りません。

 

それは、男の子なら

父のように成りたい!と父の良い所を真似る事も無く、

女の子が異性に憧れるという構造も学べないという事になります。

 

子育て相談会&子育てアドヴァイザー講習会 12月9日(土)

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嫉妬

2017-10-31 20:15:32 | 男と女

人は、なぜ嫉妬するのでしょう?

 

自分の愛する人の気持ちが、他に向くのが気になる。

あの笑顔、あの優しさ、あの愛情、あれは私だけのもの。

独り占めしたい。

 

以前は、優しくて、笑顔だった私の顔も

いつしかひきつり、

いつしか般若のようになり・・、

源氏物語の六条の御息所のよう。            

 

どうしてほしいの?

私だけを見て、私だけに優しくして、私だけを愛して欲しい・・と。

 

「私だけ」と、言う事は「愛する人を独占したい」ということ。

 

遡れば愛する、その人は母であり、

産まれたばかりで、寄る辺なき存在だったあの頃、

母が24時間つきっきりで、世話をしてくれた時期がありました。

その頃は、母を独占していたのです。

 

イヤ、独占経験が無いからこそ、独占に拘るのです。

自分は、愛されていないのではないか?

という不安迄、湧いて。

 

幼少期の体験は、貴重です。

毎月子育て相談会を開いていますので、是非ご参加下さい。

 

子育て相談会&子育てアドヴァイザー講習会

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パートナー

2017-06-29 15:38:30 | 男と女

今の時代、世界を見ると結婚相手は異性だけとは限らない時代になりました。

同性婚も、同性同士での子育てもあります。

ただ、万国共通しているのは産んだ人が母であり、

生物学的に女であると言う事。

 

母親が生後18か月位まで、24時間体制で安心と安全の許に子育てをし、

愛着という愛情の萌芽というものを与えてくれたと仮定すると、

 

男性にとって母親は、異性であり、

女性にとって母親は、同性です。

 

男性は、生まれながらにして異性愛を学び、

女性は、生まれながらに同性愛を学びます。

男性が、異性をパートナーに選んだ場合、

母親に抱いた愛情を反復している形式になり、

女性が異性のパートナーを選ぶには、母親との同性愛を解消して、

異性愛に換えるという、ひと手間?が必要になります。

 

このひと手間をどうするか? 

女性が母親という同性との愛情関係を異性にシフトする為には、

やはり異性との学習が無いと難しい・・。

 

愛着を与えてくれた母親ですから、

感覚も考え方も似ていて、気が合い、話も合う。

その母親の前に出てくるのが父という存在で、

初めての異性というものを教えてくれるのが、父親の役割。

男とは、何かを示し、

母親の愛情を上回る愛情を父親に抱く事が出来れば、

父に愛情をシフトする事が出来ます。

 

そして更に父親への愛を断念し、パートナーに向かう為には、

父が母を愛しているという事が条件となります。

 

線を引いたようには行かないのが人間の心、

あなたの疑問にお答えいたします。       

 子育て相談会&子育てアドヴァイザー講習会

もっともっと輝く女性に成るための女性講座

男になるための1dayセミナー

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男と女は異星人

2015-12-24 20:43:17 | 男と女

  

今日は、クリスマス イヴ。

クルシミマス・・・ではない。(古すぎ・・)

 

競争社会を生きている男と

愛情の世界を生きている女。

 

論理性と合理性で生きている男と

感情主体で生きている女。

 

意味を追究する男と

価値を求める女。

 

まるで異星人のように

通じ合わない男と女。

 

家庭が和楽の殿堂になるか

危険な場所になるか・・は、

お互いの思考の違いを知る事から!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加