セレネでお茶しませんか?

このブログをご覧の皆さまへ セレネから愛をこめて・・・

たこあつこの土鍋展 

2017年12月16日 | オープンギャラリー

現在、黒部市宇奈月国際会館・セレネ美術館、2Fオープンギャラリーでは、

たこあつこさんによる「たこあつこの土鍋展」を開催いたしております。

たこあつこさんの土鍋と一緒に、たこさんが作られたお皿やカップ、箸置きなども。

壁面には、壁掛けの作品もあり、まさに「たこワールド」がいっぱいの展示となっています。

 

 

 

展示された作品は、触っても結構です。

販売もいたしております。(作品の裏側などに値札があります。土鍋はふたをあけると、ふたの裏側に値札があります)

見て、触れて、堪能し、作品をお持ちかえりもできる展示となっております。

 

土鍋によっては、ふたを「ぱかぁん」とあけると、裏側に絵柄があるものも。

ぜひ、あけてみてください!!

 

食卓をイメージして展示。

あぁ、こんなお鍋でお料理すると、ほっこりしますね。

お正月をむかえたり、家族やお客さんを呼んで、囲むのも楽しそう!!

 

たこあつこさんの陶器は、あつみがあって、おおらかな形。

さわるとぽつぽつと土を感じさせ、なぜか懐かしく感じる質感があります。

作品によっては、布地のような質感のものも。

絵付けは、パステル調のやさしい配色(白黒のものもあります!シックでカッコいい!!)。

動物や植物のかわいい絵柄は、心をなごませてくれます。

アウトラインには、ヘラなどで「すっ」とかいたへこみがあり、

きれいなラインとわずかな陰影が、絵付けの色や形に楽しい深みをあたえます。

 

展示期間は、2018年1月31日まで。入場無料。

開館時間は、9時~17時30分(入館は、17時まで)

火曜休館。年末は、12月29~31日が休館。

お正月は、1月1日から開館いたします!(三が日は開館いたします)

 

黒部市宇奈月国際会館・セレネ美術館

富山県黒部市宇奈月温泉6-3

TEL0765-62-2000 セレネHP

 

 

 

たこあつこさんの紹介をいたします。

1974年、富山県高岡市生。

1998年、陶芸を始める。

    富山県射水市「陶房匠の里」にて制作。

2004年、自宅に電気窯を設置。

    制作現場を自宅に。

現在、結婚後、自宅兼工房を富山県射水市に移す。

自宅は「夫の建築設計事務所」、「陶芸工房」、「ギャラリーガラスのピラミッド」の3つの看板があり、

県内外で活躍する様々なジャンルの作家も紹介している。

 

 

陶器との「長くおつきあいをする」ためのちょこっとマメ知識♡

・陶器は水をよくすいこみます。使い始めは、毎回水に浸して使うとよいそうです。

 「土鍋」の場合は、初めて使うときは、水が染み出たり、汚れがつかないように「目止め」を行います。

 小麦粉一掴みを入れ弱火で1時間煮た後、冷めるまでおきます。

 鍋肌の細かい気泡にでんぷん質がしみこみ、割れにくくします。

 火にかける前、鍋底はぬらさないようにします。ぬれた状態で火にかけると割れることも。

 使い終わり洗った後は、完全に乾かしましょう!

・汚れやにおいは水を入れて煮るととれたりします。

・磁器やうるしなどの器は、陶器の上におきましょう。他の器を傷つけないために大事です。

・作品としての土鍋や器は、一生もの。自分の人生のストーリーと一緒になり、よりかけがえのないものへと変化します。

 だから器が割れても、残しておきたいもの。たとえ使用できなくとも、愛でていたい。。。

 そのような時は、「金継ぎ」でうまれかわることもできるかも。

 まずは、職人さんや作家さんなどに相談するのもよいかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふわふわ | トップ | 魅惑的な雪の宇奈月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オープンギャラリー」カテゴリの最新記事