セレネでお茶しませんか?

このブログをご覧の皆さまへ セレネから愛をこめて・・・

うつろいゆく  音 色

2017年06月10日 | オープンギャラリー

大西佑治さん、個展、「うつろいゆく  音 色」の展覧会が

セレネ美術館オープンギャラリーで始まりました。

 

  

白黒が点滅するような、抽象的な作品が飾ってあります。

 

昔のテレビ、映らないチャンネルの画面を思い出します。ノイズのような作品ですね。

作者にきくと、具体的なモチーフを、白黒のしみのような形におきかえているそうです。

錯視の埋没図形の手法と同じですね。でも、作品はもっと複雑で細かく形が分解されていたり、

デフォルメされています。この作品には、Dogというタイトルがついていますが、

犬が作品の中にいるそうです。

埋没図形の代表的なものに、グレゴリーの「ダルメシアンの犬」がありますが、そのような図形のように、

はっきりと一匹の犬がみえる絵ではないそうです。

犬という形に対して、多様な見え方をするよう配慮しているそうです。

みなさんは、どのように見えるでしょうか?

   

他にも、手のひらサイズの小さな作品や、コラージュ作品、ドローイングやデッサンの作品もあります。

 

こちらの作品は、"Ghost Painting (type4)  Quiet Room"というタイトルの作品。

この作品は、わりとはっきりと馬や木々がみえるように描いたそうです。

雪がこんこんと降る静かな情景をイメージして、その情景を崩しながら描いたそうです。

ううむ、みえるような、みえないような。

 

作品をみていると、子どもの頃に板の模様や、壁のしみに、何か具体的な形をイメージして遊んでいたことを思いだします。

大人になっても、そのような見え方が、ふとした時にあらわれて、ドキッとすることや、感動することってあります。

これは、ひとそれぞれかもしれませんが。。。

 

作品を通して、改めて「感覚」ってなんだろうという気持ちになりました。

みなさんは、作品をみてどのように感じますか。

 

 

展覧会は、2Fセレネ美術館オープンギャラリーにて、6月14日水曜日まで開催しております。

オープンギャラリー入場は、無料です。

開館時間は、9時~17時30分までです。お待ちしております。

 

黒部市宇奈月国際会館・セレネ美術館

富山県黒部市宇奈月温泉6-3

TEL0765-62-2000 セレネHP

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ... 優しい心。 | トップ | 二人展Ⅱ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オープンギャラリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。