とある設計事務所のスタッフダイアリー

兵庫の輸入住宅建築設計事務所・セルビーハウジングのスタッフがふと感じたこと、つぶやきを日記にしてみました。

セルビーからのお知らせ

【予約制】12月23日赤穂市にて新築完成見学会を開催します!ご予約いただければ、工事中の現場見学や既に住んでいらっしゃるお客さまのお家を特別に見せていただく事もできます。お問い合わせは E-mail: info@selbee.co.jpまで。得々情報はコチラ

走ってきました 「奈良マラソン2017」~観光編!!

2017-12-11 19:16:02 | 旅行記・遊び・レジャー情報
こんにちは! 山口です

昨日の日曜日、奈良で行われた『奈良マラソン2017』 を走ってきましたのでご報告です。

まずは9日土曜日、ランナー受付のため奈良入りします。

せっかく奈良まで行くので毎年観光もするのですが、今年は奈良駅の3駅手前の駅で途中下車し、【法隆寺】 を見に行ってきました。


↑ 法隆寺「南大門」 数年前の業者旅行でもこの門だけは見ました。

「法隆寺駅」からは徒歩20分くらい、バスも走っているのですが私が選択したのは「レンタサイクル」

駅前の貸自転車屋さんでは荷物も預かってくれるので、大きなリュックを預け自転車に乗り換え10分ほどで着きました。

着いた時にはもう13時前だったので、さきに門前でお昼にします。


↑ 貸自転車屋さんお勧めのお店で。 

法隆寺と言えば 「柿食えば・・」 ということで「柿の葉寿司」のセット。 美味しくいただきましたが鐘は鳴りませんでした・・

で、いざ法隆寺。 南大門をくぐり正面の「中門」は保存工事中でした。

参拝料を払い「五重塔」へ。




↑ 圧巻です。 神々しい存在感でした。


↑ 五重塔と奥に「金堂」


↑ 右側はお坊さんの宿舎だったようです。

この後、大宝蔵院へ。 国宝級の仏像が並んでいましたが、いまいち仏像は分からないので、さ~と見てすぐ出ます・・


↑ 東大門から東院伽藍へ続く道。違う時代に来たような雰囲気です。


↑ 聖徳太子が存命中だった頃から部分的に姿をとどめていると云われる「夢殿」

2年前の「東大寺」が、世界最大の木造軸組み建築物だとすれば、この「法隆寺」は世界最古の木造建築物群です。

1,500円の参拝料はなかなかですが、悠久の時を超えた・・とでもいうのでしょうか、すべての重みが違いました。

さて、仕事で遅れて姫路を出た岡田君と合流予定の時間が迫っているので、急いで法隆寺駅に戻ります。

奈良のはずれの「法隆寺駅」で電車に乗れば岡田君が乗っているという不思議な感じで合流し奈良入りです。

長くなったので、今日はここまで。

泊まった旅館の雰囲気と、メインのマラソンの様子はまた後日に






人気ブログランキング!参加中!ワンクリック、ご協力お願いいたしま~す

         みなさーん、ココを押すんですよー

有難うございます。


Facebook始めました!
(株)セルビーハウジング | Facebookページも宣伝



西播地域でこだわりの家を建てるなら


お問い合わせは  得々情報  まで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしさんぽ~姫路~

2017-12-09 10:36:55 | 旅行記・遊び・レジャー情報
こんにちは、清水です

今朝は、冷えた空気が心地よいきれいに晴れあがった朝でした

一昨日の7日(木)は、インテリアセルビーの「寄せ植え教室」参加しました。

 植え込み前

  
 たくさんのお花から選んでいきます。


 完成!ちょっと地味だったかな~ クリスマスのピックを飾る予定です。

詳しい様子はインテリアセルビーのスタッフブログをご覧くださいね

さて、先日の休日に、私は友人と「網干マルシェ」のワークショップに参加しようと、

その前に、前から行きたかったコロッケ屋さん「京町クロケットファミリー」に・・・


 懐かしい感じでしょ。


 店内に貼ってあるメニュー



予定では晩御飯用に「コロッケ弁当」を買って、別のお店でランチの予定でしたが、席が空いてたので、急遽ここでランチタイム

 
 牛すじコロッケ・・・でかっ

 
 友人が食べた「店主おすすめのナポリタン」と「欧州カレーセット」


 私の食べた、「ビーフシチューセット」¥800

真ん中はすべてお肉のボリュームたっぷりのおいしいビーフシチューでした。


 コロッケ弁当¥500

食べている間も、どんどんお客様が来て、お持ち帰りされていました。

次はタンシチューを食べに行こうと思っています。

駐車場はないのですが、お店の前に1台だけ停めれますよ。


そのあと向かったのが、夢前町にある駄菓子屋さん「磯部商店」


 ランキングが外壁に貼ってありました。6位の鬼嫁乃素って何???


 植物の枯れた感じにこのさみしげな広告が、より哀愁を出してますね。

お店の中に入ると、

  レトロな雰囲気の店内に

 

 

 
 切り取りに失敗して、泣いたことあるグライダー 
  雑誌の広告? 表紙かな?

 これは薬ビンをパロディしたチョコレート

 私の買った薬のパロディラムネ

 店主さんいわく「食品のレベルを超えている」

 
 スッパスギールを友人が買い、1ついただきましたが、そんなに酸っぱくはなかったですよ。


網干マルシェにむかう途中、「やっぱりスイーツでしょ」と・・・



がっつりパフェを食べ、やっと目的地であるあぼしまち交流館に到着。

が・・・ワークショップの受付は終了していました

ちょっと寄り道が過ぎたようですが、とてもゆったりとした時間を過ごしたような休日になりました




人気ブログランキング!参加中!ワンクリック、ご協力お願いいたしま~す

         みなさーん、ココを押すんですよー

有難うございます。


Facebook始めました!
(株)セルビーハウジング | Facebookページも宣伝



西播地域でこだわりの家を建てるなら


お問い合わせは  得々情報  まで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨 白川郷を訪ねて その2

2017-12-06 15:39:05 | 建物探訪

こんにちは、塩津です。

前回のセルビー業者会旅行の続きです。

高山を後にし、いよいよメインの目的地。世界文化遺産 荻町合掌造り集落『白川郷』へ向かいます。

バスは紅葉の山間を抜け白川郷へ。





何と昼食の場所も合掌造りです。

奥行は何間あるのでしょうか?階数は小屋裏4階建てですかね?上の3層がすべて小屋裏部屋と言うことでしょうか。

周りにも合掌造りのお宅がありましたが、この建物は格別大きくって造りも豪華です。



中も素敵です。


こちらが昼食。飛騨牛が美味しいです。こちらではお味噌と一緒に焼くのが定番なのでしょうか?昨晩も同じメニューが出ていましたが、私は少し苦手でした。塩胡椒だけの方が良かったかな??

でもお昼もおかわりしガッツリいただいて、いよいよ白川郷の散策です。


食事場所から少し離れたところにバス待機所があります。そこにもこんなにたくさんの合掌造りがあります。



そこから吊り橋を渡って集落に入っていきます。




こちらはお寺です。お寺まで合掌造りです。


平日にも関わらずたくさんの観光客です。この合掌造りのほとんどは普通にお家の方が生活をされています。


その家の一軒である国重要文化財。築300年が経過している和田家を見学です。半分は住まいなので見学できませんが、残りの半分ぐらいが見学できるようになっています。

小屋裏2階部分です。
まだ葺き替えしてそんなに経っていないです。縄がきれいです。垂木?はいぶされて真っ黒です。昔は囲炉裏があって縄もすぐに真っ黒になっていたのでしょうね。


こちらは上がることはできませんでしたが最上階です。

この小屋裏は蚕の飼育場として使われていたのでしょうか?2階部分などは住まいとしても十分使える様に思えます。


これはいったいどこでしょうか??分かりにくいですよね。妻壁の軒裏部分です。結構複雑ですね。


ではスマホで撮った写真ですが美しい合掌造りをご覧ください。















どうですか、ほんと良い集落ですよね。もちろん合掌造りの間に普通の住宅もたっていますがそれは仕方ないですよね。

昭和の時代には街並みとして保存するといった事は行われていなかったでしょう。でも今から普通の住宅を合掌造りの戻すのは難しいですね。

いろんなところに伝統的建造物群や風致地区が設けられていますが、町並み、個々の住宅を保存修理していくことは住まい方、費用の面からも大変な事だと思います。

そこに住まわれる方、自治体にがんばっていただきたくさんの伝統的遺産を残していっていただきたいです。・・何もしない私が言うのも身勝手ですが・・・。


今回の旅行ですが私にとって初めてのとことばかりでした。下呂温泉のすべすべのお湯にも癒されましたし、何と言っても白川郷の合掌造りの集落は最高でした。

機会があれば冬の白川郷も訪れたいですね。


人気ブログランキング!参加中!ワンクリック、ご協力お願いいたしま~す

         みなさーん、ココを押すんですよー

有難うございます。


Facebook始めました!
(株)セルビーハウジング | Facebookページも宣伝



西播地域でこだわりの家を建てるなら


お問い合わせは  得々情報  まで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨 白川郷を訪ねて

2017-12-03 14:45:19 | 建物探訪
こんにちは、塩津です。

いよいよ今年もあと一カ月になってしましました。

一年ってあっと言う間に過ぎていきますね。・・・歳をとったせいでしょうか??


先月ですが、2年に一回のセルビー協力業者会との親睦旅行がありました。

今回は富山、岐阜方面ということで『郡上八幡』『飛騨高山』『白川郷』を訪れる旅です。


朝早くバスでセルビー赤穂本社を出発、姫路駅で姫路方面の社員、業者様を乗せていよいよ岐阜県に向けて出発です。

移りゆく車窓を眺めながら4時間近くかかって最初の目的地、郡上八幡に到着です。


郡上八幡は何と言っても国重要無形民俗文化財である「郡上おどり」です。

7月から8月にかけて場所を変えながら行われるようです。8月はほぼ毎日、特にお盆期間は徹夜で踊り明かします。

全国から集まった数万人の方が踊ります。・・・この辺の方もたくさん行かれてるんでしょうね。。



上の写真の中のお城部分をアップです。


郡上八幡は城下町。日本一美しい山城と言われています。
現在のお城は昭和8年に再建され、木造再建城の中では最古のお城です。

お城大好きの私は登ってみたかったのですが時間がなく行けませんでした。・・・・もうここには来ることはないのでしょうか??


こちらが郡上八幡神社?・・・だと思って見学しましたが合ってますかね?


その後情緒ある街並みを散策しました。郡上八幡を流れる清流吉田川。
そこにはこのような3階建ての家が並んでいました。きっと道路側は2階だてで、吉田川の水を使うのに地下があるのでしょう。
昔から美しい清流を生活の一部としてきたのでしょうね。


この後、郡上八幡で有名な食品サンプル見学を終えるともう夕方です。

一日目の観光はここまで。今日の宿、下呂温泉に向かいます。

下呂温泉は有馬、草津と並ぶ日本三名泉の一つ。温泉好きの私は初めての下呂温泉、とっても楽しみでした。

お湯がすべすべで良いお湯でした。

食事の後に出かけた河川敷にある無料の露天風呂は源泉そのままで最高に良かったです。

その後もホテルの温泉のサウナで一日の疲れを癒しすぐに就寝でした。


2日目は6時に起床。朝風呂の後、朝食もおかわりして今日も元気です。。

ホテルを後にし、まず飛騨高山の高山祭ミュージアムを見学。










こちらでは高山祭の屋台の展示がされています。平成の屋台と言われていますので伝統を継承しながら新しい発想で造られた屋台でしょうか?

それにしてもすごい豪華です。私たち播州地方にも素晴らしい屋台がありますがこの高山の屋台もすごいです。

皆が見終わった後も私一人時間いっぱい見とれていました。・・・良かったです。


この後はいよいよこの旅行で最大の目的地、白川郷に向けて出発です。

ここからは次回とさせていただきます。





人気ブログランキング!参加中!ワンクリック、ご協力お願いいたしま~す

         みなさーん、ココを押すんですよー

有難うございます。


Facebook始めました!
(株)セルビーハウジング | Facebookページも宣伝



西播地域でこだわりの家を建てるなら


お問い合わせは  得々情報  まで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、イベントdayです!

2017-12-01 09:35:42 | イベント情報
おはようございます

今日はとっても気持ちの良いです

さて本日11:00~13:00 さんさんちびカフェさんと亀井水産さんが、
セルビーの店頭に移動販売に来てくれます



さんさんちびカフェさんは、今回で4回目のセルビーでの移動販売ですが、残念なことに今回が最後になるそうです。

こだわりの「安心・安全な酵母パン」を作るパン屋さんにかわられるそうです




亀井水産さんは、今年のセルビーフェアに来ていただきました。

今回は「赤穂の牡蠣」「伝説の豚まん」「伊都物語(ヨーグルト)」など、選りすぐりのおいしい物をたくさん持ってきてくださいます!

伊都物語は飲むヨーグルトです。とても濃厚ですがさっぱりしていてとてもおいしいですよ


本日11:00~13:00の2時間です

皆様のお越しをお待ちしています


続いて・・・

12月20日(水)には、セルビーの駐車場に献血車がやってきます



年末が近づき、お忙しいころかとは思いますが、ご協力をお願いします



人気ブログランキング!参加中!ワンクリック、ご協力お願いいたしま~す

         みなさーん、ココを押すんですよー

有難うございます。


Facebook始めました!
(株)セルビーハウジング | Facebookページも宣伝



西播地域でこだわりの家を建てるなら


お問い合わせは  得々情報  まで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加