プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

翻訳

2017-04-06 10:05:26 | 仕事の話
先日 1日かけて 英文資料を翻訳しておりました
英文17ページ 翻訳したら21ページ
AD社の古い資料
Grounding Data Converters and Solving the Mystery of "AGND" and "DGND"
というタイトル

今まで集めた資料を漁っていたら 出てきたので
いっちょ翻訳してみるか と挑戦してみた
差動、DDR2,3やいろんな資料が有りますが
基本一番大事なのは GNDで有ります
GNDが安定しないことには何やっても意味ないだろう
と自分は思う訳です

アナログとデジタルGND
今日日 分けないのが多いように思います
自分の環境では分けないという指示が多い
 暗黙の了解、前提の元での指示なので
 鵜呑みにしてはいけません
その資料を見ると 分けたほうが良い かも知れないが
分けるとGNDインピーダンスが上がり
結果として良くない方向になるので... と書いてある
4層では足りないよとも
長年の試行錯誤 その会社も自分も が
書かれている 古くて新しい文書です

翻訳の際 意味の通らない文言も有りました
2層の場合1層は完全なGNDプレーン
 まあ そうだろうな
もう1層も完全なプレーン
 え? 何言ってんの?

結局 単語の区切りを間違えており
もう1層は配線に使う となりました

1000円くらいで売ろうかなと思ったけど
許可を得ていないので駄目ですね
我が事務所まで足を運んでくれた人には
見せてあげますよ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DIRECT-2D対応 D... | トップ | 必要な情報は半径1m以内にある »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事の話」カテゴリの最新記事