プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

鷲と貝を見る

2016-10-19 14:47:05 | 仕事の話
時間があるので 鷲と貝のマニュアルをダウンロードして見ている

他にも XPのソフトをWin10で動かす方法など
これはマニアックな方法で 人様に薦められない

鷲を一通りみて 貝を見ていると
線幅設定とかギャップ値の設定などのやりかたが出ていた
どのCADでも似たような感じ
俺の理解不足があるかも知れないが
鷲も貝も PCBの設計を進める前段階の設定が
非常にかっちりしている
いろいろ設定しなければいけない 頭がくらくらして
瞬間的に 寝ていたかも知れない

DREAMはその点 緩い 出来上がりは同じでもね
只 ルールチェックで DREAMに穴がある事を感じ
うるたノートに追記しておいた
実のところ 前から承知していたのだが
敢えて 明文化したところだ

DREAMの場合 結線作業後の 逆ネット というものが
存在する
鷲も貝も その言葉は見えなかった
(あったら すいません)
逆ネットを実行すると 読み込みネット以外のネットが
生成される可能性がある
そのネットに対して ギャップ値の設定は0.001に
なるはず
その存在をCADでは意識しないと認知出来ない
ネットプロセスで ネット一覧を見ていけば解る
線幅も0.001mmなど 非現実的な線幅の場合
エラーにはなる

その対策
鳥さんのPDFにある
ギャップ値リスト
線幅リスト を出してくれるオプションがある
その事をノートに追記しておきました

鳥さんPDFの一番の効果
色目の違いによる AW図の再確認です
俺だけかなあ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畝作り | トップ | 鳥さんPDF »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む