プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

部品座標値リスト

2017-07-11 11:00:32 | 仕事の話
ガーバー送付後 部品座標の判る物を送ってくれと
頼まれる
面付けした物
ミラー面付けしたり 回転面付けしたり いろいろだけど
基本 単品での座標値リスト(テキストファイル)を
送り 御社実装部隊にて編集をお願いします と申し送る

実際問題 実装機でのNCデータのフォーマットまでは
知らないから 仕方ない
こちらでは TOP面、BOT面ごと 座標値の基準点までは
決められるから 言われない限り
基板外形左下隅を原点にしている
勿論 実装マークを原点にしたり 取り付け穴を原点にも
出来るけど 今のところ そのような要望無し
無いということは 実装部隊で任意に編集しているんだろう

個々の部品については LIBデータで最初に表現される
ベースマークの位置が その部品の原点になる
無ければ 1番目のPAD 1番ピンではなく
1番目に表現されているPAD が部品原点だ

実装向きは SUB層側の指定層に書き込んだ 線の 向き
角度が実装角度になる

さーーて この先が判らない
例えば LEDをとっても メーカーによって
縦長にPADを置いて寸法指示を入れているものもあれば
横長もある(かも)
抵抗然り
SD-CARDコネクタはどこが原点だああ?

実装部隊から そこまでの指示があれば対応も出来るけど
今のところ 何も言われない

おそらくだ!
虫の出す部品座標値リスト 

近くまでは追えるけど
最後の詰め 
実装の具体的な位置と向きは
現物合わせかあ 使えねえなあ と
愚痴をこぼされているかも知れません


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NCDATAの取り込み 続 | トップ | MMコロモ?のガーバー取り込み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事の話」カテゴリの最新記事