プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

MMコロモ?のガーバー取り込み

2017-07-11 15:29:02 | 仕事の話
はっきりとは言われていないけど
MMコロモと思われるCADのガーバーを
DREAMで取り込んでみた

知っている人は知っている事だけど
元は同じCAD 同じ人が開発していた物
それゆえ ガーバーの取り込みは 至って自然

強いて言えば Dコード表など 層ごとの説明文書が
物凄く丁寧に書いてある
取り込みに必要なのは Dコード、形状、寸法 があればよく
例えば Dコードリストに 孔径やレジスト径があっても
とりあえずは要らないかなあ と思う

しかし よく判らなかったのは 内層ネガでの サーマル形状の
Dコード
よくよく眺めてみたものの ???
サーマルの場合 フラッシュで描くか 配線として描くかだと
思うのだが 出てくる数値の組合せを見ても
今一 合点がいかなかった次第

実際の作業では どうか?
内層に関して 必要なのは内層外形と あれば分割線ぐらい
スルーホールや取り付け穴の内層逃げは
表面層 VIAや取り付け穴の取り込みの時点で
設定する

サーマル接続に関しては 正直なところ
ガーバーでのサーマルフラッシュや配線描画は邪魔
後工程で削除される運命にある
VIAにサーマル設定するのは このCADの機能として
設定しないと DRCが有効にならないからね

内層外形と分割線は 既存基板の考えを踏襲するために必要だが
それらは問題なく取り込める

まあ 部品データもガーバーにはありませんから
部品もどき を削除して このCADで認識できる部品と
置き換えていく作業は発生します
若しくはね 部品もどき を削除せず
上に被せていくことでも 何ら問題は有りません
データが重くなるだけです

------------

それで 何かお困りな会社さん
自分で出来ることがあれば 対応しまっせ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 部品座標値リスト | トップ | 描き人知らず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む