プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

穴図

2017-06-16 14:40:45 | 仕事の話
穴図は最終的なガーバー出しの際に
作成するものだが
ひとつの区切りでも出す

修正作業の時 修正前の穴図を出しておく
単面で終了した際 面付け前に穴図を出す
面付け後 単穴図を 裏層に移動してから 出す

ネットリストも仕事始めの際のと
終了後で 別々に残しておいて 比較材料にする

穴図は VIAの個数は別として
部品穴数、径
基板固定穴の数と径
修正前後、面付け前後で 見直しを掛けている

今日の作業
単面と面付け後での穴図の刷り合わせをしたら
数が合わない
修正基板なので 前回のデータを見てみたら
やはり数が変
面付けのバグ? それなら既にクレームが来るはず
時間にして1,2分間 10分くらい感じたけど
変な汗を流してしまった

結果 単の穴図の際 基板外に出しておいた
寸法取り用 ダミー部品の穴数をカウントしていた
面付けの際はダミーを消してから 面付け
その差分を見ていなかった という事が判明

びっくりしたぜえええ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間 ホコリでは死なないと... | トップ | =LEN(A2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む