プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

昔を懐かしんでも仕方ないが

2016-12-07 16:29:43 | 仕事の話
寸法線を入れ ベタを貼る仕事をしていると
時々思う

このCADにシフトした頃
パターンを描くのは ペンプロだった
丸書いて線を描く分には問題ないけど
べたを描き出すと 同じ箇所を何回も
ペンが往復するので 紙が破けてしまうのだ
寸法線も然り

1枚書くのに 2,3時間くらいかかる仕事で
最後の30分で あちゃー なんてざら
CADの自動フィルは 細かいので時間もかかり
紙も破け なかなか...
1mmのパターンで 1日以上掛けて ベタを
作りこむほうがデータも軽く 結果として速かったかも
知れない

丁度その頃 Acrobatなるソフトがあるぞと
アドバイスをくれたのが 阿出川さん
そのCDなどを持って お客さんのところに行き
こうゆう物がある 
今度 パソコン通信で このファイルを送ります
とやったのが懐かしい

その頃はフィルム作画は レーザーに移行していたから
フィルムの過度な露光も無かっただろう

今もそうだが あの頃も時代の変換点だったと
時々思う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幅0.0001mmのパターン

2016-12-06 16:47:00 | 仕事の話
GNDのVIAと浮いているVIAを
何気なく繋いでしまった
未定義からGNDへ

ネットプロセスでは 0.0001mmになっていたので
それで結線
そのままガーバーを出すと 出力されない

それを見つけ出すのはどうしたら良いのか
ネットプロセス→リコネクトをしてみると
未定義VIAは未定義のままだった
よくしたもので 線幅0.0001mm 0.001でも
結線扱いにならないようだ

長く使っているCADだけど 全部解っているわけでも
ないんだなあ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パターンからの放射電波を隣接GNDパターン(ベタ)に吸わせる

2016-12-06 08:11:54 | 仕事の話
お客さんとの打ち合わせで
このような事を言われました

細かいことは言えないけれど
基板の仕様の話
ふーーん そうなんだ と思って拝聴し
具体的な方法も確認しましたが
後になって つらずらと思うに
GNDは吸わないぞ と思ったわけ

放射電界が 銅箔に入ると 電流が発生して
それがGNDに流れる電流になります おそらく
じゃあ GNDに流れる電流は?
幾ら銅箔面積が巨大でも 電流はどこかに流れます
その巨大な銅箔が吸い取ってくれることは有りません

おそらくね

自分も昔はそうゆうイメージが有りました
GNDと大海と同じイメージを持っていました

GNDに流れる電流は どこかに流れ着く
その間 経路抵抗値は信号線路と比べれば非常に
少ないので問題になることはない だけ
GNDに流れる電流は 今度はGNDを揺らします

それだけの気がする

同軸ケーブルは何故 漏洩しないのか?
網線で囲っているから?
そうじゃないと思うんだ
芯線をぐるりと網線で囲んでいるので
芯線に流れる電流と網線に流れる電流がお互いに
放射電界を打ち消しているだけ

それを基板で再現するには3層以上で 信号線を挟むしか
なさそうです

例によって この記事を回りに話して
恥をかいても 当方は一切の責任は待ちません(^^

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

PLLのコンデンサ ポートを電源ピン側に置いてみた

2016-12-04 11:17:05 | 仕事の話
昨日の続き
0.1uのコンデンサとして 電源ピン同士だと
どうなるんだ? 気になったのでやってみた
ちなみにポートの属性 50Ω1V で
他 容量性とか持たせられるけど
結構波形が変わる
そこで出力側、入力側 ともに標準設定のままにした
生基板で測定しているようなもの
実基板では 変化するだろうけど 傾向ということで



上 GND接続を内層プレーンに落とすだけ
内層だけで接続しているわけだ



上 実装面でも 繋いで見た
Y軸の数値の違いを見落としなく
マグネチュードと書いてある 英文で
恥ずかしい話 地震の単位だと思っていました
ざっくり言えば 大きさ という事で
本来は マグネチュードの前に主語が必要
今回は dBのマグネチュード になる のかな



その時の設定の絵
どう思うかは見る人次第
そうか とも思えるし
くだらねえ と思う人もいるだろう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一晩寝て考えた

2016-12-03 11:03:17 | 仕事の話
PLLのコンデンサの接続の件
夜寝ながら考えた
どうもおかしい
そこで再度やり直し

内層GND経由での接続


直接隣同士を繋いだ
内層接続も有り


ほとんど同じ波形
グラフY軸の数値が違う
GND端子の揺れ(ノイズ)がどの位伝播するかと
見れば良いのでは

DCの時はグラフは意味ないです
グラフの違いは ポート1,2への属性の違いですね
それ以外は無いので
正直 波形が違いすぎるので よくよく見なければいけません
昨日の絵はそのままにしておきます
間違いも自分の実績です

昔 外人さんに 寝ながら考えると言ったら
寝ている時に考えられる訳ねえだろ と言われました
言葉の持つ受け取り方の違いですかねえ

でも昨日の絵の件は失礼しました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加