プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

エリアフィルのパラメータ

2017-01-23 19:38:21 | 仕事の話
基板改造
その際 エリアフィルを少し変えてみた
フィル枠まで削除したので 新たにフィルを貼る際
現時点でよく使うパラメータを使ったのだが
それに対して クレームを貰い
昔に戻して 基板に廻した

PADに対する べたの回り込みが多い、少ないの
問題なのだが
正直なところ 自分もお客さんも どれが良いのか
解らないのが 根本的な理由なんだろう
間隔数値にすれば 0.1mmのことなんだけど

お客さんとすれば 前回で動いているから 変えたくない
自分とすれば そこは影響ないでしょ!と思うんだけど
納得させる論が無い
うーーん じゃあ 前に戻しますか となりますか


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネットリスト手入力のミス

2017-01-23 19:25:22 | 仕事の話
回路図からネットリスト手入力しての基板
2ページに渡るネットで未接続になるトラブルを
起してしまった
休日に連絡有り 確認して 手配線で対応して貰った

お客様申し訳有りません

原因を考える
回路図からネット情報と部品情報を拾う
その書き方は 通常のネットリストとは少し違い
分断している
あるICを見ると 信号、電源、GNDがあるので
それを列記していく

VCC;IC1-8
GND;IC1-4
B11;IC1-1
B12;IC1-2

のように箇条書きだ
当然 VCCやGNDは複数箇所に点在して
出てくる
他のネットも然り
それらを統合するソフトで本来あるべきネットリストに
加工する

AW作業の後 逆ネットリストを出して 印刷して確認する
逆ネットリストとは 
現在の配線から ネットリストを抽出するもの
逆ネットを確認する際 ページ単位で
色鉛筆付けをしていたので ネット名のスペルミスでの
未接続
本来1つであるべき接続グループが
2つに分かれてしまった

この場合 ネット名を主体に接続を追いかけねばいけない
今更なんだけど 次の基板の時 挽回しよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抵抗アレーのSWAP

2017-01-23 19:13:39 | 仕事の話
自分の環境では抵抗アレーは同じ抵抗値を
4本若しくは8本並列に並べた物ばかり
2,30年前には 抵抗値が1本ずつ違う物も有り
SWAP禁止で配線した
AD変換を基板上抵抗を使って実装していた訳だ
今はそうゆう類の物はIC内部に入ってしまった

今回の仕事 4本パックの抵抗アレーのうち
一つの素子だけ電源接続  残りはGND落とし
ICからの引き出し都合で SWAPしなければ
いけないという感じになってしまった

ネットSWAPは問題では無い
特定の信号のみ その相手は電源ですよ(GNDですよ)
その確認はどうしますか(確実なところで!)
という自分自身への問いかけ

読み込みネットと逆ネットは当然変更有りなのだが
どのように確認すべきか
人が見れば笑ってしまうような初期的な悩みでも
考える時が有ります

この信号 接続先が RAxx-1からRAxx-3に
変更になりました とレポートが得られる
その文言から これで良し と判断出来るか?

出来ねえよなあ...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穿った見方

2017-01-20 12:45:59 | 一般の話
今思うこと

公務員の天下り
→民間ではまともに雇って貰えないので そうゆう権力を使う
巨人軍の「紳士たれ」
→内情 紳士になって欲しい何か荒れた物があったのでは
孔子(昔の中国)
→相当治安が荒れていたので 必要があった
TV出演収入がメインの人
→言う事は半分以下で聞いたほうが良さそう
白人の一番の失敗
→白人の民主主義を他の地域に押し付けた事

白人と渡り合っても自分の価値を持っているのは
日本とインドか
今後 アメリカの看板の陰で 日本、インド+イギリスが
導いてくのではないか と年頭に考える

俺は相当変わり者かも知れぬ
単なる戯言です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機械と電気

2017-01-20 09:44:41 | 仕事の話
近隣の工業高校の志望率
機械は2倍 電気は1倍
昨今の物作りの見直しのせいもあるし
とりあえず機械に入って メインは運動系で頑張る
というのも居るだろう
電気はねえ 実体が見えないから解り難いんだよねえ
機械は機械だけでも成り立つけど
電気は機械が無いと成り立たないというのもある
両方 必需品なんだけど
歴史からみれば はるかに機械のほうが長い

そうゆう訳でこの仕事 機械優先の流れが強いです
筐体デザイン決めたから これに入るように基板を決めてくれ
そうゆう流れが多い
最近珍しい仕事が来ました
基板が決まってから筐体設計に入る というものです
この流れ 大事にしたいです
まあ 機械で決めても入らなくなってきた
という側面もあろうかと...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加