バッカス日記

酒をこよなく愛し。屁理屈をこよなく愛し。そこで、ペンネームも「リクツ(理屈)バッカス」のオジサンです。

区切りの夏休み

2017-08-25 17:49:13 | Weblog
お盆が過ぎた。
バカンス期到来。

 

先ずはお盆中手伝ってくれた長男、三男の慰労で
ゴルフ練習場へ。二人とも随分上手く当たる様になった。
そろそろショートコースぐらいはつれて行けそう。

さて、次週・・・
マイショップは連休。




目の前の駅から電車の旅です。お見送りは、女子高生と、ご当地家電宣伝看板の嵐の面々。



着いたところは、最近はまっている日光の駅。

 

早速バスに乗り出発。かのイザベラバードが書いた「日本紀行」に出てくる「金谷ホテル記念館」など見所を通り過ぎ

 

やってきたのは華厳の滝。帰りの「いろは坂」でバスの運転手さんが「今日のお客さんは運が良い・・・お盆前からガスが掛かって、みんな滝を見られなかったんだが、今日は珍しく晴れて、よかったねぇ~。」

 

気を良くした二人は、中禅寺湖遊覧船にも乗った。
最初はクーラーの効いている2階席で大人しくしていたが、直ぐに展望デッキに上がる。
男体山のガスも晴れて、頂上まで一望になった。



運良く凄いカメラを首から提げていた青年にツーショットを撮ってもらえた。
風は涼しく、最高のたび。

 
 
各国大使館の別荘が並んでいる。これはイタリア大使館別荘。
いろは坂を降り(途中朱塗りの御神橋前を通る)、また電車に乗る。



今日の宿は川治温泉。

 

男鹿川を前にロケーションは最高。
露天風呂もゆったり。

その晩のバイキングはカメラを忘れ、何も残せませんでした。
せっかくの飲み放題でビール2杯しか飲まず、カァちゃんからお叱りを頂く。

 

次日は、有料のカンビールを付けた朝食を頂き、「バカなんだから!」の声は聞こえぬフリ。早々に宿を出て近くの散歩。

 

宿の近くには源泉も有り、町営浴場、混浴風呂、色々・・・
悲しいかな、大体のところは水曜日定休。見学だけ・・・

 

しかし、二人には野望がある。
鉄のつり橋を渡る。川面にはカヌー遊びの姿も見える。

 

アジサイ公園を抜けるとそこはハイキングコース。



このコースは、あの「龍王峡」に繋がっているのだ!
これで、コースの確認が出来た。

 

しかし、落ち葉が雨に濡れ、蛭が出現するに負け、今回は入り口まで。
途中、茸を発見。一つ覚えの卵茸だけ採取してかえる。



散歩から帰るコースはすっかり晴れて、行楽日和。

 

バスで駅まで。駅からは特急リバティーのたび。

 

鬼怒川温泉に着くと時間合わせで、昔私がお世話になった駅前食堂「つるや」に寄る。
そこで、蕎麦を肴にまた酒タイム。「バカなんだから!」聞こえない叱責。

 

時間になり到着したのはライン下り。
「鬼怒川豪雨」以来初めて。どこまで復興したか見届ける。

 

思ったより直っている。他のボート客もあり、胸を撫で下ろす。
船から上がった二人には冷えた胡瓜がご馳走でした。

さて、帰宅してからカァちゃん「何も作りたく無い。」





何とかおだてて作ってもらった「卵茸のバター炒め。(キャベツで増量)」
鮎の甘露煮、イナゴの佃煮と一緒に頂く。

最高の山祝いでした。

さて、マイショップは来週も連休します。

 

初夏の検査週間で、現代医学は私のごく初期の悪い出来物を発見してしまいました。
切除が必要との診断でしたが・・・

「繁忙期を過ぎてから・・・」の我儘が通り、週明けにこちらの別荘に入ります。
パソコン持込はダメで・・・

皆さん、しばらくさようなら。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カウントダウン

2017-08-17 09:39:53 | Weblog


雨の休日。みかも山は薄暗く寒々しい。



晴れればこんな木漏れ日道も、今日はかなり寂しい。





この季節の花は、キツネノカミソリ。薄暗い山麓にオレンジの絨毯が美しい。




雨ばかりで、沿道には卵茸が生えていた。
送り盆を向かえ、カァちゃん、長男、三男と四人で爺さん婆さんを墓まで送る。



今年は三男が盆前に丁寧に掃除してくれたので、少し新しくなった気がする。

 

我が家の墓地から、みかも山麓の兄夫婦の墓地へ移動。
一粒種の甥っ子が綺麗に飾り、面目を保つ。
雨の中、夏の行事が一つ終わり、初秋のイベントに向かい
また、一つのカウントダウンを進めることができた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加