バッカス日記

酒をこよなく愛し。屁理屈をこよなく愛し。そこで、ペンネームも「リクツ(理屈)バッカス」のオジサンです。

引き続き失われたもの

2015-02-23 15:31:58 | Weblog
今年に入って、また、大変な喪失をした。

私が未だ若い頃からマイショップの掃除、その他諸事の手伝いに通ってきてくれていたお二人が来れなくなったのだ。

若かりし日々は、親爺と共に様々な仕事をこなして下さった。

この数年は、お年もめされたので、「そろそろご隠居されたら?」と伺えば、
「続けて来たい。」との意思なので、午前中だけのご出勤に変えてお願いしていた。


元気だった頃のT塚さん、S根さん

特に、T塚さんは親爺を慕って「おじちゃん、おじちゃん」と声を掛けていた。

親爺を亡くして、しょんぼりしている姿は、本当に気の毒だった…
そのまま、引退するのかと思ったら、「引き続き来たい。」とのことで、お願いしていた。

しかし、12月中旬からS根さんが永年の喫煙が災いして肺を病み、一月程お休み。
S根さんが復帰し安堵する間も無く、今度はT塚さんが「風邪」との事でお休み。
最近は冬季になると長期に休むことが間々あるので、そんなに気に留めなかった。

ところが、先週の初め、T塚さんの訃報を電話で知った。「えーッ!」
気落ちしているのは知っていたが、そこまでとは…

死因は肺炎だが…
皆で話したのは、「きっと親爺に引っぱられた。」と言うこと。

親爺は、私やカァちゃんの夢の中にも時々出てきていた。
「気をしっかり持たないと、引っぱられてしまうから気をつけよう。」
と、話していた矢先だった。

まるで、家族のような人だったので、ダメージが骨身にこたえる。
S根さんも、同じことになってしまったら大変だからと、引退してもらうことにした。

もう、お二人は来ない。

これまで3人でしていた、マイショップ、朝の掃除も今は私一人。(カァちゃんは、自宅の仕事と実家に独居している義母の様子を毎日見に行かなくてはならない。)

鬱々と、長い時間が掛かる掃除をしている。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

定例の宴会

2015-02-14 11:59:59 | Weblog


いつもは火曜日(私の定休日の前夜だから)にのんべ仲間が集まるお店。

今晩は、座敷を借り切っての宴会。

ただの宴会と言うわけには行かないので、短時間のお勉強タイム。
H市議(後頭部の禿だけ写ってる)が、昨年秋行われたワークショップなどの事業報告中。

 

報告が終われば、早々に乾杯。すぐに打ち解けた宴会になる。

 

何かしゃべりたい人は、勝手に立ち上がり発言。
主賓たちも盛り上がる話にご機嫌。



恒例の「トップと語る会」。S市長、K商工会長を囲んでまちづくりについて、それこそ膝を交えて話し、飲む会だ。紅一点のタウン誌編集長Kさんはフォト撮影の為に集合写真には写っていないが、酒豪で楽しい人。宴会を盛り上げてくれる。

 

老いも若きも、それぞれにしゃべり、楽しむ。このローカル感が嬉しい。
今年は、興奮して鼻血を出す者が出る始末。(バカだよねぇ~)



最後は、地域の元気を祈念する手締めをしてお開きとなりました。
いや~飲んだ飲んだ…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

建国記念日

2015-02-11 16:22:36 | Weblog
時々はしている早朝ウォーキング。




次第に日の出が早くなってきた。
今日は温かくなりそう。

今日は定休日と祝日が重なり、カァちゃんはお友達とお出かけ。
一人ぼっちの1日となった。



こうなると、やりたいことを心置きなくやれる。
先ずは風呂罐用のマキを調達。

その後ゴルフの練習場に行き、コース復帰に向けて練習。
帰りに、佐野餃子を購入。

温かな日差しの中、物干し場で新聞、本を片手に一人酒宴。



佐野餃子はでかいので、いつもは4個食べると腹いっぱいになってしまう。
今日は、時間制限なし。5個に挑戦。

大好きなサッポロ黒ラベルと餃子を堪能しながら読書を楽しむ。

建国記念日にちなんで、日本について佐藤 優が書いた本を読んだ。

日が陰って、物干し場を撤退し、明日の大事な会議の資料作りをしていたら、カァちゃんご帰宅。

楽しかったそうな…

ポカポカと幸せな一日に感謝。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

気力の問題

2015-02-07 15:49:16 | Weblog
何時までも負けていられない!
気力が足りないから、身体の疲れもとれず、寒さに負けているのだ!

一念発起。



早朝ウォーキング再会!朝日が昇る前の空は澄み渡って気持ちよい!



登り始めた朝日に照らされて山が赤い。



振り返れば、冷蔵庫工場納入車が開門待機している駐車場の水溜りが氷結している。
やれば楽しい早朝ウォーキング。体調に合わせて少しずつ回を重ねたい。

 

次ぐ定休日にはお約束のみかも山。日陰には先日の雪が残っている。



足元には福寿草。



麓にはロウバイ。

春は、そこまで来ているのだ。

2月に入り何時までも正月気分ではならんと…



マイショップも春モード。

相変わらず閑古鳥状態だが、春商戦の体制へこちらも少しずつ準備は進む。

それにしても、「春よ来い、はーやく来い。」と切なく思う。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

命の重み

2015-02-01 09:25:07 | Weblog
 

親父の2月命日。ちょうどマイショップの定休日だったので二人で出かけた。
供花を新しくして線香を手向ける。

インフルエンザも治り、1年ぶりにしてもらった健康診断。悪いところは発見されなかった。しかし、「白血球が健康人の半分しかありません。疲れが溜まっていますね。」と診断された。

それで、何時までもだるさが残っているのか…



だからと言って家でだらだら休んでいては、治るものも治らない。
里山歩きから再会。
外に出れば、それなりに気分が良くなる。

 

「もうすぐ春だヨ」と、水仙、寒椿の花が希望を持たせてくれる。



昼下がり、公民館に地元自治会の青壮年部の面々が集まり、総会と新年会を開く。

 

現会長(町工場の社長)挨拶。その後の古老の乾杯挨拶。



田舎のまったりとした時間が心地よい。僅かな時間酒宴を楽しみ、明るいうちにお開き。
辛かった1年の後の平和な時間を堪能した。

目が覚めると、臨時ニュース。

シリアで囚われていた後藤さんが処刑されたとの事。
人の命の重さをたっぷり味わった身としては、大変なショック!
ご家族を初め、身の回りの方々の傷心の大変さに思いを馳せる。
普通に生きて、死んでゆくだけでも大変なことなのに、何故簡単に人の命を奪えるのだろう?

平和な日本の田舎暮らしに感謝しつつも現実の厳しさに打ちのめされる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加