バッカス日記

酒をこよなく愛し。屁理屈をこよなく愛し。そこで、ペンネームも「リクツ(理屈)バッカス」のオジサンです。

とろけるゴールデンウィーク

2013-04-30 07:39:48 | Weblog


連休初日。空は晴れ渡り、風は穏やか。



今日のマイショップは、お休み。(この頃よくやる。怠け者になった。)



全国里山100選、わが故郷の晃石山も緑に萌えている。先方のバスは・・・



我が親族を乗せて菩提寺へ。



緑に映える大中寺。「雨月物語」にも登場する曹洞宗の古刹。
敷地もでかい。(檀家は清掃奉仕が大変だ。)

 

 

駐車場から暫く参道を登るので、足がおぼつかない爺さんを乗せて、勝手口まで長男の車を横付けさせてもらう。



大中寺は建物もデカくて、初夏の天候でも堂内は冷~っと寒いくらい。爺さんあわてて手袋をはめる。

 

法要のフォトはさすがに遠慮して、終了後の本尊お二体、お釈迦様と道元禅師のフォト。
久々にご尊顔を拝した。

 

法要式典を終了して、墓地に向かう。ここでも、爺さんを車に乗せ、石材屋さん搬入口から横付けさせてもらう。(折りたたみ椅子持参。)



 

兎も角も、雨風、酷寒暑に見舞われず線香上げが出来たのは何よりだ。
隣接する、うちの婆さんの墓も前日良く磨き献花しておいた(長男が良く手伝った・・・)ので、爺さんも目を細めていた。

 

墓参りを終わり、バスまで歩く。このバスは日本料理Aちゃんの店が出してくれた。運転手は幼子の頃から遊んであげたB君。「今日はお世話になるねぇ~。」「うぉっす!」アットホームな対応に感謝。



Aちゃんちで、法要後のお楽しみご宴会。献杯の挨拶を頼まれて困惑するも、故人に思いを馳せ挨拶させてもらう。



本日の本当の主役、33年前に46歳にして膵癌で亡くなったH叔父。
私に商いの基本を教えてくれた。親を若くして亡くした従妹一家はその後大変な苦労をした。うちの婆さんもこの叔父の死にショックを受けて体調を崩し、暫くして同じ膵癌に襲われる。従妹一家は離散し、九州出身の叔母は故郷に帰る。長男の従弟も今は一緒に九州の住人。

従妹はその後結婚し、2男を授かる。彼女が頑張り、今日の法要を取り纏めることができた。
叔父も冥界で喜んでいることだろう。



そして、何よりのホームランは、叔母が33年ぶりに我が家に来客し、婆さんの仏前で線香を上げたこと。身近ゆえに色々あった確執が従妹の努力で溶けた瞬間。「よかった、よかった。」

婆さんの実家がある静岡から参加した従兄が、「庭が綺麗にしてあるねぇ~。」とつぶやいた一言に、この数日の苦労が溶けていく・・・今回の法事はとろけまくりだぁ~。

 



さて、法要終了し来客が帰った後、開いた菓子折り。三男坊が初めての給料でお土産に買ってきたドラ焼き。



とうとう子供が皆一人前に稼ぐようになった訳だ。カァちゃんと感慨無量。
皆で食べたドラ焼きはとろける甘さでした!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

掃除片付けの日が続く・・・

2013-04-27 14:57:18 | Weblog


田端義夫が亡くなった。
「爺さんと同い歳の田端義夫が亡くなったようだよ。」
「田端義夫も年だからな~・・・九十歳は過ぎてたのかい?」
と大ボケ回答。時々爆笑させられる。
「田中角栄、中曽根康弘、田端義夫、爺さん、みんな同い歳で九十四歳でしょうが!」
突っ込みを入れてやる。





相変わらずめまぐるしく変る天候の中、お陰さまで早朝ウォーキングだけは続く・・・
カァちゃんはさすがに雨の日は休むが、当方はレインガードでバッチリ固め、マイナスイオンと静寂に酔いながら雨中のウォーキングを楽しむ。



そして次ぐ日は幻想的な濃霧から朝日が上がる。これも感動的だ。



朝は喜びに満ちているが、連休最初に法事を控えている我が家は、掃除片付けで試練の毎日。庭木も伸び放題で、寒椿、紅葉の剪定。



金木犀の剪定。でクタクタ・・・
なんせ、爺さんが手を付けなくなって数年放って置いた皆さん、伸び放題。
多少、庭に日の光が落ちる程度になったので、今回はこれで勘弁してもらおう。
さあ、法事だ~家族、親族が揃うぞう~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春は駆け足

2013-04-19 18:39:36 | Weblog


この春の椿事・・・
カァちゃんの早朝ウォーキングが続いている。(そして、毎日のように春めく沿道の景色。)



そして、休日のみかも山詣。



東屋の周りは八重の桜に変った。



山登りのちびっ子・・・



麓で遊ぶ園児たちに目を細める。

 

 

「久々に美味いパスタが食べたい!」珍しく私がリクエストし、イタ飯屋でアンチョビのピザとイカと春野菜のパスタを食す。本物の味に舌鼓!

でも、体は重い・・・

この所仕事がきつい・・・

 

先ずは洗濯物干し場の改装。爺さんが溜め込んだ雑物が2tトラック3台分。それを大工さん2人と片付けた。(あまりに見苦く恥ずかしいので、雑物の山と片付け風景はカァちゃん令でブログ掲載禁止。)
朝8時から片付け始めて、昼になっても終わらず、結局午後3時近くまでかかって完了。
精も根も尽き果てる・・・(大工さんたちは結構平気。)

でも、少しずつ生活環境が変る。(生活イノベーション。)心は元気に成る。





小山のグランドホテルでシャディお中元研修会。
目玉は試食会。「本当に美味しい産直品」「パスタそうめん」「贈りたくなるスィーツ」「濃厚ハム」・・・講習は月並みだったが試食は好かった。普段は口に出来ない高級食材を堪能した。

堪能といえば





毎日の様に春の食材が食卓をにぎわす。カァちゃんは何でも揚げちまう。
油に当たりながら春を食す。筍ご飯も旨い。

今週の大ヒット!


随分前にマイタウンライブラリーにリクエストしておいた新刊。

リクエスト順位1位。図書館のスタッフも「おめでとうございます!」皆ニコニコ。
選挙で1番に投票した時以来の晴れ舞台!
本の内容にふさわしくないけど、嬉しい!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

晴れ上がった春の日に

2013-04-11 12:30:43 | Weblog
 

 

三日坊主と見られたカァちゃんの早朝ウォーキングは今のところ続いている。
春は駆け足で進む。ハナミズキ、マロニエは芽吹き、桜は葉桜となる。



久々に晴れた定休日。詣でたみかも山も新緑だ。



山吹は咲き誇り・・・



みかもの八重の桜も八部咲き。
それでも、今年のみかもの冬は厳しかったと見えて、桜の花の精彩が無い。
「半分くらいしか咲かない木も有ったよ。」常連の山爺が教えてくれる。
春といっても、それぞれなんだ・・・



雨や、負傷で間が空いたみかも山神社詣で。

 

いつもの45円(しじゅうごえん=始終ご縁がありますように。)のお賽銭で、孫の健康、爺さんの健康、子供達が無事でありますように、カァちゃんが何時も機嫌がよいように、家内安全、商売繁盛・・・をお願いした。

 

春をめでながら下山する。
「あ~気持ちよかった!」
春の里山歩き。夫婦で幸せを感じる時です。
この喜びを教えてくれた先達には感謝しきれません。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

散々な日曜日(楽しんだけど・・・)

2013-04-09 12:40:37 | Weblog
今年の春は不順だ。お陰で散々な目にも合わされる・・・



早い開花から花冷えに襲われ、今年は永く咲き続けた桜並木。
この日曜日の地区「さくらまつり」まで、何とか持ってくれた。



天候が心配された「さくらまつり」。朝9時の会場は昨夜来の暴風雨が収まり、静かなたたずまいで関係者一堂ホッとさせてくれる。



我々、ポイント倶楽部(お買い物ポイント発行会)は、プレミアム抽選会で参加した。

 

参加店皆で会場作りに取り組む。

 

会場にはお客様も集まり始め、ムードが盛り上がる・・・
会長のMちゃんの挨拶の後、抽選会が始まる。



抽選会開始。受付には行列が並び今日の盛会を暗示しているようで期待が膨らむ。



太陽は耀き、会場は初夏の暑さ・・・天気はどうなっているの?と皆で汗だくになる。
そこへ、西から不気味な雲がもくもくと流れてきた。

 

降ってくる前に交代で昼食をとる事にした。ゆっくりビールを楽しみながら弁当を使いたい私は、最後に頂く事にした。皆は最後の陽だまりの中で昼食。
午後1時過ぎになって交代。やっと飯が食える。
直後、雷、強風、大粒の雨。



皆雷雨に対処する為走り回る。昼食がさらに遅れる。
私が弁当を使う時には、雨の中すっかり寒くなっていた。

その後客足はすっかり途切れた。



2時過ぎ、会長Mちゃんの決断で撤収。抽選券が半分残る大誤算。
参加店には申し訳ないが大量返品をお願いしなくてはならなくなった。


唯一好かったこと。



閑な時読もうと持参したこの本を読了できたこと。
思えば、弁当つまみに生ビールをあおり、読書三昧なんて休日でもなけりゃ出来ない贅沢だ。

当店の返品は長男に引き取りに来てもらい、わたしは、閉会の3時過ぎまで読書三昧を
堪能して合羽を借り自転車で帰宅。

マイショップではカァちゃんが大量返品にご立腹。
こちらでも雷が落ちました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

VIPのように・・・

2013-04-06 05:44:02 | Weblog
今年の春は不順だ。
今週の定休日も雨にあけた。



雨と、寒気のお陰で何時までも桜が散らない。
今日のウォーキングは雨中行軍。雨に濡れる桜も好い。



「今日は、みかも山どうする?」
「カタクリだけでも見に行こうよ。」

やって来たカタクリへの参道は雨にぬれマイナスイオンたっぷり。



群生地は花の最盛期。



雨中のカタクリは花びらも閉じて下を向けている。
雨滴に濡れ「楚々と美しい」カタクリもなか々好かった。



ところで、何時もならオンシーズンで人が溢れるバルコニーに二人だけ。
貸切り状態で堪能できた。「ガハハッVIPみたいだ!」



ところで、カタクリのほかに目に付くのは「倒木」



東屋の回りも倒木だらけ。
今年の冬は、寒さ、雪、強風など厳しかった。



そして、お楽しみ「たらの木」。やられていました。一本は根本から折れて、もう一本は枯れて、芽吹かず、立ち往生状態。



「こんな里山でも色々あるんだ~。」自然の厳しさを感じて下山した二人でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の初日

2013-04-01 16:36:21 | Weblog
別れと出立の春・・・

 

三男が就職の為、出立した。



普段の大言壮語から程遠く、言葉少なにしょぼしょぼ歩き、車上の人になる。
心細い、寂しい。が体から伝わる。親だって不安だ。でも、かけられる言葉は少ない。
「頑張って!」



それにしても、今年は桜が早い。普通は学校の入学式の頃満開だが、1週間以上早い。
三男の見送りも花が添えられた。

さて、残された大人たち・・・



壊れた身体が復調して復活してきた早朝ウォーキング。
久々に早朝から晴れた4月1日。気分良く歩き出した私の前を歩くケツデカ小母さん・・・
おいおい、エイプリルフールかよ!カァちゃんじゃないか!



声を掛けると「四月から心機一転頑張ることにしたの!」
満開の桜の下、ズンズン歩く。



桜の見所を案内したり、ちったぁ~カァちゃんサービス。



お陰で、朝日をバックにこんなフォトが撮れたりして・・・

「元気が出る。」新年度スタートが出来ました。 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加