バッカス日記

酒をこよなく愛し。屁理屈をこよなく愛し。そこで、ペンネームも「リクツ(理屈)バッカス」のオジサンです。

晩秋だよ,全員集合!

2009-11-26 10:07:06 | Weblog
歳末商戦、真最中。
紅葉前線も我が地に訪れている。



猫の額の我が家の庭でも、寒椿が咲いている。

こんな晩秋のある日、次男が就職の書類を取りに我が家にひょっこり帰ってきた。
すると、偶然とは恐ろしいもので、泊り掛けで千葉のウェイトリフティング大会に行ってた3男が練習のしすぎで過労となり帰されて来た。

 

普段居ないはずの子供達が揃ったので、急遽、今月誕生日の爺さんの91歳の「お祝いの会」を開くことにした。
会場はマイショップの並びにある北京料理の「蓬莱幸」。



久しぶりの「全員集合」である。



いやはや皆よく食う!八宝菜、餃子(おかわり)、鳥のから揚げ、固焼きそば、チャーハン、などなどをぺろり。
気を良くした爺さんも燗酒2本を気持ちよく飲み干し、私は生ビールを遠慮がちに少々・・



同世代の子供達を持つ店の若ママさんもマスターも大喜び、カァちゃんと子供達の近況の話に花を咲かせたり、デザートをサービスしてくれたり賑やかな宴となった。



次ぐ日はマイショップの定休日。
天気予報に反して「快晴」になったので、昼過ぎ出立の次男を連れて近在の「太平山」へ紅葉狩り・・・



今年はカァちゃんと竜王峡へ行けなかったけれど、地元でもそれなりに紅葉は観られるものだ。





次男が遠望する地平の果てが、これから向かう大東京。就職も都内に決まり、いよいよ彼の地の住人となって人生を切り開いてゆかねばならぬ・・・



ささやかにエールを送る父であった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

感謝・感謝・感謝

2009-11-13 12:30:30 | Weblog
今年の晩秋は、感謝の日が続く・・・
3日の誕生日にカァちゃんからは6時間の休暇を頂き、
長男の学園祭を覗かせてもらった上に・・・
ブログの先導者でもある大学の先輩から誕生日祝いのメッセージを頂く・・・
曰く「馬刺しを送るぞ!」
いつも、先輩のブログで拝見していた垂涎の「あの馬刺し」を頂けるというのだ!
そして・・・



送られてきたクール便。
保冷容器の中一杯の馬刺し!



早速その晩、家族で頂く。
何時もは生ものを食べないカァちゃんも「これは美味しい!」と曰う!
爺さんも「なかなか美味いね!」子供らは「初めて食べる!」
と、皆興奮状態。
「食べると体があったまってくるね!」などと1パックを瞬く間に頂いてしまった。
それでも未だ2パック残っているのを、
「一度に、あまり沢山食べると体に毒だよ」などと騙くらかして
小料理「くわえ」へ運んでしまった。



後は、常連客に声を掛けて皆で頂くだけ。



皆ご機嫌!
「こんな美味い馬刺しは初めて!」と喜んでいた。
偶然客で来ていた「くわえ」マスターの俳句の先生にも
「目がないんです!」とのことで、御裾分け。
持ち込み料金も取らないマスターに感謝しつつ
久々に、皆でホットに楽しい一夜を過ごすことができた。

垂涎の「会津の馬刺し」それも「トロ」を贈って下さった先輩の暖かいお気持ちに感謝・感謝・感謝!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6時間の休暇

2009-11-08 12:25:50 | Weblog
今年の11月3日は寒い日だった。



駅前の柿を横目に久々東武電車に乗る。
「今日の私の誕生日、プレゼントは何もいらないけれど、半日休みを下さい。」
との申し出をカァちゃんが快く(?)承諾下さり、半日の休暇となったわけ。

 

のんびりと通勤快速のボックスの椅子に座り車窓をながめる・・・
何時以来だろう、電車好きの心が潤ってくるのが判る・・・
折りたたみ机には、旅のメモ帳とお土産、利根川を過ぎたあたりで仕事の事は頭から消えていた。

 

電車を乗り継いでやってきたところは「さいたま市与野」。



大学4年の長男最後の学園祭「むつめ祭」。



この「むつめ祭」の売りはグラウンドいっぱいに広がった市民の蚤の市と・・



学内中庭、通称「さるやま」のイベント。
今回は、下手くそなライオンキングをやっていた。

 

でも、わたしには充実している各国からの留学生が出店している屋台が楽しい。
なんと言っても手近かな異国情緒が楽しめる。
 
 

お父さんお母さんから子供たちまで総出で営業している。皆さんには大切な資金源なのだ。
わたしもエジプト店のチキンケバブを昼飯に購入。冷えていてあまり美味くはなかったが快くビールで流し込んだ。

 

さて、腹ごしらえを終えたら本日の本命。ジャズバー入場。



友達の少ない長男が、何故か1年生の時から続いたサークルだ。
今日こそは長男のペットが聞けるかも知れないと期待にときめいてやってきたのだ。

 
それにしても、皆さんお上手・・・
ジャズにギターが合うのを始めて目の当たりにしたし、ボーカルの女の子もハスキーで素敵でした。



長男によると、ホールやショーでアルバイトに演奏するくらいのメンバーが多いとのこと、道理でバーは盛況だった。

 

結局、ジャズバー滞在中長男の演奏は無く「身内のものです。」とサントリーリザーブを差し入れ、帰宅時間を心配しながら外へ・・・

今時の学生は生意気と言うか、金持ちなのか、日本の銘酒のみ比べコーナーなんぞがあり、お勧めの澱酒を試したが、この季節に美味い訳ない!かなりすっぱくなって居た。「学生さんまだまだだねぇ~。」
黄昏の大学を後に家路へ・・・

 
 

埼大通りをバスで下り、南与野駅から埼京線、大宮から宇都宮線に乗り換え永い々々帰宅旅になった。南与野駅の埼玉大の宣伝看板、何故か物悲しい。夕映えの富士山も木枯らしの中で寂しそう。



栗橋駅で東武日光線の乗り換え・・・
いつも思うのだが、この栗橋駅に来ると「ホント田舎まで帰ってきた。」
と言う郷愁に駆られる。

 

冷たい風・・深々と冷える夜空・・無口な電車待ち客の地味な服装。暗い駅の蛍光灯。さらに暗い駅前の住宅地。言葉もここから方言が当たり前になる分岐点。せっかくの満月も寒々として物悲しい。

半日の休暇、約6時間の間、往復に費やしたのが4時間半!

長男はこの道中を何年も通い詰めてきたのだ。「よく頑張ったね。」と褒めてやりたくなった。

マイショップの閉店時間には何とか間に合い、閉店作業をカァちゃんと一緒にすることが出来た。「カァちゃんありがとう。」

それにして、心の寂寥感は埋めがたく、軽装のまま「くわえ」へ・・・



先客の電気屋のRちゃん出来上がっていて、「よし誕生祝におごっちゃう!」と生ビールを1杯ご馳走してもらった。「くわえ」のマスターからも一杯!持つべきものは飲み友達!

その後、旗日とて来客が途切れたところで早々に閉店したマスターがカラオケスナックに連れて行ってくれた。
軽装の私のために半纏も貸してくれて・・・

良き誕生日になった。みなさんありがとう!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

閑中の忙・・・

2009-11-02 11:40:20 | Weblog
駅前の柿の木は今年も「ざらん、ざらん・・」と柿の実が豊作今年も秋が静に訪れている・・



ウサギ夫婦も秋支度、段々太ってきている。



子ウサギたちは元気に跳ね回り、カメラに収められない。

 
 
その駅前の公園に今朝止まっているのは観光バス。   乗り込んでいるのは、我が自治会の旅行好きの面々。



道中カラオケ大会やビンゴ大会をしながら走ること3時間で着いたところは群馬県。



薬師温泉と言うところ。「江戸時代の秘湯」だそうだ。


 

入り口からガイドに案内されて、場内見学。

 

紅葉を楽しみながら入浴し・・・

 

自由に風呂を渡り歩ったり、お土産を買い・・・



お楽しみ昼からご宴会

 

いろり座敷風の個室でメンバーだけで楽しく一杯。料理は昼としては豪勢。
このほか、オプションで岩魚を焼いてもらった。(当然ながらニッコウだった・・・)



食後の自由時間で散策。そこかしこに紅葉の走りが・・・
 

散策中、思わぬ餅つきコーナーでうちの爺さんも餅を付かせてもらい上機嫌。
帰りのバス内ビンゴ大会でも一等の「群馬の地酒」一升瓶を引き当てご機嫌の帰宅であった。

今回も会長が出席せず、私が実行委員長(!)気疲れだった。

さて、1日置いての早朝。

 

またも自治会のオジサン達が朝も早よから集まって車に分乗・・・



やってきたのは近在の「トムソンナショナルCC」。ゴルフ場。

 
 

年に2回の自治会ゴルフコンペの日。
メンバー23人中参加者20名の大盛況。
幸い天気にも恵まれ楽しい小運動の一日。
個人的にはビリから3番で危うくBB幹事になるところであった。



さて、お楽しみの反省会は、また同級生の餃子屋

 

今回優勝者は床屋のD橋さん。10年前に脳溢血を患ったのに、回復、今や少々ビッコを引きながらゴルフが趣味に・・・
楽しい宴会は夜遅くまで続きましたとさ。

さてその翌日、閑古鳥が鳴くマイショップでは・・・



商品の詰まったダンボールの山が(!)
閑な店に何故こんなに商品が届いてしまったの?

 

実は、歳末商戦用に共同仕入れをした商品を、とりあえずマイショップで一括仕入れ、宇都宮と上三川のお店がマイショップまで品物を取りに来る訳。

優しい皆さんは「お疲れでしょうから・・」と私を監督役にして作業してくれました。

暇でしょうがないこの季節、何故か体がメチャキツイ一週間でありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加