大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

東大寺法華堂に落書き ハングルのような文字 県警捜査

2017年08月09日 01時42分23秒 | どうでもよい朝鮮半島

明らかにハングル。ドクトではないようだ。

奈良県警は8日、奈良市の東大寺で国宝の法華堂(三月堂)に落書きが見つかったと発表した。とがった硬いもので刻まれたとみられ、県警は文化財保護法違反の疑いで捜査を始めた。
奈良署によると、西側の高欄(欄干)の西面に縦約10センチ、横約40センチの範囲で、ハングルのような3~4文字と、目のような絵が書かれていた。
東大寺の職員が見つけ、午後5時50分に寺から県警に通報があった。同署は近くの防犯カメラの映像の分析などを進める。

@朝鮮語に詳しい奴、読んで。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党 小渕優子氏、3年ぶ... | トップ | 四川省九寨溝県 マグニ7の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

どうでもよい朝鮮半島」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。