大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

南朝鮮 KFX国産戦闘機の要 AESAレーダーもどきの試作品を初製作

2017年07月14日 09時09分54秒 | どうでもよい朝鮮半島
韓国防衛事業庁は13日、韓国国産戦闘機(KFX) の「目」に当たる中核装備、アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーの試作品が製作されたことを明らかにした。
同レーダーは最もハイレベルな技術を要するKFXの装備で、国防部傘下の国防科学研究所(ADD)主管で軍需メーカーのハンファシステムが開発している。
今回製作されたのはAESAレーダーのハードウエアを国内で開発する能力があるかどうかを検証するためのもので、アンテナや電源ユニットで構成されている。ADDはこの日、ハンファシステムのレーダー研究所で試作品をメディアに公開した。これを基に今後、KFXに実際に搭載するためアンテナなどのサイズを小さくし、重量を減らした試作品を開発する。
ADDはAESAレーダーのハードウエアとソフトウエアの開発を並行して進め、2022年から26年の間にKFX試作機に搭載し、テストする方針だ。
AESAレーダーの開発事業を中間評価する点検委員会は先月末の1次点検で、国内開発を続行可能との結論を下した。
KFX事業は韓国空軍の基盤戦力となる国産戦闘機約120機を開発するもので、過去最大規模の防衛力増強事業となる。米国がKFX中核技術の韓国移転を拒んだため、韓国軍はAESAレーダーを国内で開発することにし、昨年4月に試作品の開発業者としてハンファシステムを選定した。

@我が国は、F-2戦闘機(1990年代に開発)や汎用護衛艦に世界に先駆けて多目標を同時に捉え迎撃の態勢を瞬時に解析するAESAレーダーを独自開発し搭載しています。その先端素子の歩みに関しては米国でさえも、我が国に10年の差を付けられています。なんせ、あのハイテク技術の塊、イージス艦の弾道防空レーダーでさえPESAレーダーなのです。
なんでも我が国の真似がしたくてしょうがない日本コンプレックスの塊の南朝鮮ですが、夢を見るのは勝手だが、どの面下げてAESAレーダー開発なんて大それた発想が出てくるのか不思議でなりません。好きなだけ無駄銭を使えばいい。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスプレイ 佐賀知事、受け... | トップ | ロシア軍 水上橋 渡河訓練  »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。