大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

シリア化学兵器問題 米国に追従する英国空軍 キプロスの英国基地に戦闘機と輸送機配備

2013年08月27日 20時33分54秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
@イランは米国にシリアに軍事介入すれば、それはとんでもないリスクを背負う事になると警告しています。25日にここで取り上げた通り米国(NATO)は既に地中海に4隻のイージス艦を配備しており、国連の同意がなくても巡航ミサイルで公舎や軍事施設・化学兵器施設などを攻撃する準備を整えています。英国も米国に追従し艦隊を送り込んで、キプロス(元々英国空軍の基地になっている)からはいつでも戦闘機が飛び立てる体制を整えています。







『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「尖閣」警備の巡視船、新造... | トップ | JAXA、イプシロンを早け... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事