大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

イラク首都バクダッドで自爆攻撃、少なくとも45人死亡 ISが犯行声明

2017年01月03日 15時28分22秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
イラクの首都バグダッド(Baghdad)で1日、自動車を使った自爆攻撃が発生し、少なくとも45人が死亡、数十人が負傷した。警察と医療関係者らが明らかにした。
警察幹部によれば、過去3日間で2度目となるバグダッド市内での大規模な爆発により、少なくとも32人が死亡し、61人が負傷したという。
爆発については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がIS系通信社アマック(Amaq)を通じて犯行声明を出し、「殉教作戦」により40人前後を死亡させたと主張している。
現場は同市北東部に位置し、イスラム教シーア派(Shiite)が多数を占めるサドルシティー(Sadr City)地区。犠牲者の多くは、仕事を求めて街の交差点に集まっていた日雇い労働者らだったという。

@大晦日にも自爆攻撃があり、28人が亡くなっています。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ICBM発射実験の最終段階 金... | トップ | IS最高指導者バグダディは、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。