大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

H2Bロケット6号機 「こうのとり6号機」打ち上げ成功!!

2016年12月10日 08時05分53秒 | 我が国の安全保障問題
国際宇宙ステーションに物資を運ぶ、無人補給機「こうのとり」を載せた、H2Bロケット6号機が、9日夜、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、打ち上げは成功した。
H2Bロケット6号機は、9日午後10時26分、種子島宇宙センターから打ち上げられた。
ロケットは、打ち上げから15分後、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ、無人補給機「こうのとり6号機」を、高度およそ290kmの南太平洋上で切り離し、打ち上げは成功した。
順調にいけば、「こうのとり」は、12月13日に、宇宙ステーションに接近し、ドッキング作業が行われる予定。
前回、「こうのとり5号機」を、宇宙でキャッチした、油井 亀美也宇宙飛行士は、「本当に、信頼感という意味では、ピカイチですね」、「本当に、みんなから、『こうのとり君』というのは、好かれていて、みんなが頼りにしている輸送機だと思います」などと話した。
H2Bロケットは、これで、6機連続の打ち上げ成功となる。

@ロケットでも、一人勝ち。おめでとう。秒速2.4キロ=マッハ7です。秒速4.3キロ=マッハ12です。ガンガン速くなっていきます。高度280キロでは、マッハ21です。

参考:第1宇宙速度=マッハ23 秒速7,9キロメートル 第2宇宙速度=マッハ33 秒速11,22キロメートル
第一宇宙速度は地球を飛び立った物体が、再び地球に落ちてこないために最低限必要な速さで、およそ秒速 7.9 km です。この速度以上を出せば、その物体は人工衛星となる事ができます。第二宇宙速度は地球の重力を振り切って太陽の周りを回る惑星(人工惑星?)となるために最低限必要な速さで、第一宇宙速度のルート 2 倍、およそ秒速 11.2 km です。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮、核弾頭小型化成功か... | トップ | シリア戦場ライブ 東アレッ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

我が国の安全保障問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。