大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

TCM(対魚雷防御)装備、最新鋭潜水艦せきりゅう 広島・呉基地に初入港 

2017年03月29日 20時09分55秒 | 我が国の安全保障問題


TCM-torpedo counter measure 対魚雷防御 ジャマ―を出して敵魚雷の索敵追跡用の電子装置を混乱させたり、デコイを打ち出して囮にして逃げ切る等。

海上自衛隊呉基地(広島県呉市)の第5潜水隊に配備された最新鋭潜水艦「せきりゅう」(排水量2950トン)が28日、母港となる呉基地に初めて入港した。せきりゅうは全長84メートル。運動性能が高い「そうりゅう」型の8隻目で、敵の魚雷を妨害して潜水艦の防衛能力を高めるシステムを新たに搭載した。65人が乗り込む。

@我が国の場合は核を搭載していないので、核攻撃された後、最後の報復攻撃はできませんが、兎に角海上戦闘で有利なポジションをキープする為に全力を尽くして下さい。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シナ 南シナ海での人工島の... | トップ | NHK子会社 内部留保、1... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。