大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

シリアで米が誤爆か…「90人以上が死亡」

2016年09月18日 23時15分30秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
シリア国営通信は17日、同国東部デリゾールで、アサド政権の軍事拠点が米国主導の有志連合による空爆を受けたと報じた。
在英の民間団体「シリア人権監視団」は18日、「90人以上が死亡」と発表。米国防総省は、誤爆の可能性を認めた。米露が主導したアサド政権と反体制派の停戦合意に影響を及ぼす懸念がある。
シリア国営通信などによると、デリゾール郊外にある空港近くでイスラム過激派組織「イスラム国」と交戦中のアサド政権軍に対し、米軍の戦闘機が4回にわたって空爆を実施した。
シリア内戦は、アサド政権をロシアが支援し、米国主導の有志連合が反体制派を支える構図だ。双方とも「イスラム国」を敵とみなすことでは一致している。「イスラム国」への攻撃は、12日に発効した停戦合意の対象外だ。米国防総省は、空爆対象は、「イスラム国」の拠点と主張している。

@停戦を2日延長したので、21日から、再開します。それと誤爆じゃないし・・・・・




爆撃の後、アサド軍は綺麗に掃除されたのでISISが再び占拠しています。ISを助けるオバマ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリア戦場ライブ ハマ F... | トップ | もんじゅ再稼働に5800億円 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事