大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

中古装備品の無償供与可能に=改正自衛隊法が成立

2017年05月26日 11時12分16秒 | 我が国の安全保障問題
自衛隊の中古装備品を他国に無償または低価格で供与できるようにする改正自衛隊法が26日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。
中国が南シナ海の軍事拠点化を進める中、同国と領有権を争うフィリピンなど東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と防衛協力を強化するのが狙い。
財政法は、国の財産を「適正な対価なく譲渡、貸し付けてはならない」と規定している。今回の改正により、財政法の特則を自衛隊法に新設し、自衛隊が使用した船舶や航空機などの装備品の譲渡を例外扱いとした。

@方向性は間違っていませんが、フィリピンや南朝鮮のようにすぐに掌を返すド三流国には注意が必要です。間違っても、同じ武器で戦う事がないように宜しくお願いしたいものです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「女性宮家の創設等」盛り込... | トップ | 戒厳令下の比ミンダナオ島、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

我が国の安全保障問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。