大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

武装工作員の県内侵入を想定 岡山県警と自衛隊が共同訓練

2017年01月15日 08時50分36秒 | 我が国の安全保障問題
県内でのテロ発生を想定した県警と自衛隊の共同訓練が陸上自衛隊日本原駐屯地(奈義町)で行われた。
非常事態発生時に国や県が自衛隊に治安出動を要請できる自衛隊法に基づき実施。訓練は、強力な殺傷能力を持つ武器を所持した武装工作員が、県内に侵入した-との想定で行われた。
県警機動隊や陸自13特科隊の計約100人が参加。
双方で情報を共有し、発生現場への経路や的確に対応するための配置など役割分担を再確認した。また、自衛隊車両4台を警察車両が先導する輸送訓練もあった。
双方とも「今後も連携強化や対応能力を向上し、訓練を継続していきたい」としている。

@警察、邪魔するな。本職に任せておけ。そんなことより、先ず、沖縄のクソ左翼を根こそぎ捕まえてみろ。共存共栄してるだろ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陸上自衛隊「第1空挺団」降... | トップ | 久しぶり に、平和ボケのクソ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

我が国の安全保障問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。