大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

ヨルダン カナダ人ら10人死亡=武装集団、観光地の城襲撃

2016年12月20日 17時01分13秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
ヨルダンのメディアによると、中部カラクで18日、観光名所の城などを武装集団が襲撃し、カナダ人観光客を含む計10人が死亡した。
治安部隊は銃撃戦の末、武装集団4人を殺害した。在ヨルダン日本大使館は「日本人が巻き込まれたという情報は入っていない」と説明している。武装集団の正体は分かっていない。
首都アンマンの南方に位置するカラクは、12世紀に建設された十字軍の要塞(ようさい)「カラク城」で知られる。車なら首都から数時間で到着できる上、この種の遺跡としては保存状態が良好で、観光客の人気が高い。
事件では、武装集団がまず市内を巡回中の警官に発砲。その後、城に押し入り、近くの警察署に向かって乱射を続けた。城を包囲した治安部隊との間で銃撃戦になり、巻き込まれたカナダ人の女性観光客のほか、ヨルダン人市民2人、警官4人、憲兵隊の兵士3人が死亡した。また、市民や警官20人以上が負傷した。
ヨルダンは、隣国シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に参加。一方で、自国内でもここ数年、イスラム過激派勢力の伸長が懸念されている中での事件となった。

@クリスマスを前に、一気に仕掛けてきますね。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シナ、米潜水機を返還=南シ... | トップ | シナ フィリピンに16億円規... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。