大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

北朝鮮 火星12 

2017年05月16日 21時00分04秒 | どうでもよい朝鮮半島
韓国国防省は16日の国会で、北朝鮮が14日に発射した新型ミサイル「火星12」について、射程4500~5千キロの中距離弾道弾(IRBM)との見方を示した。大気圏再突入技術が完成したかどうかは確認できないとした。
韓民求(ハンミング)国防相は答弁で、ムスダン中距離弾道ミサイル(射程3千キロ以上)が9度の試射のうち、1度しか成功しなかったと指摘。大陸間弾道弾(ICBM)の「KN08」や「KN14」もムスダンのエンジンを使って多段式にした機体だとし、信頼性が落ちるとの見方を示した。
そのうえで、韓氏は北朝鮮のミサイル開発について「(火星12は)新型のエンジンを搭載しており、そこからICBM級に進化させる狙いではないか」と語った。火星12が、先月15日に平壌で開かれた軍事パレードにも登場した機体と同じ種類だとの見方も示した。
日米韓は、火星12について、北朝鮮が3月18日に地上燃焼実験に成功した新型の液体燃料式エンジンを使っているとみている。

@どうでもいいよ。トランプがやるかやらないかだけだ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成二十九年度(第四十五回... | トップ | シナ 南シナ海 海南島に最... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。