大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

安倍首相、自民改憲案「夏に絞る」=臨時国会提出へ議論加速

2017年07月23日 20時25分42秒 | 死ぬきで憲法改正を目指せ自民党
安倍晋三首相(自民党総裁)は23日、横浜市で開かれた日本青年会議所の会合で青木照護会頭と対談した。
首相は憲法改正について、「自民党は政権与党として責任感を持って憲法議論を深めていく。この夏に汗を流しながら(改憲項目を)絞っていく」と述べ、今秋の臨時国会への自民党案提出に向け、党内の意見集約を加速させる意向を示した。
内閣支持率の急落を受け、党内外から慎重な対応を求める声も出る中、首相は自らが掲げる2020年の新憲法施行を目指す姿勢を鮮明にした形だ。また、首相は「各党はただ反対するのではなく、『自分たちはこう考えている』という案を持ち寄ってほしい」と述べ、野党側にも提案を促した。 

@安倍さん、クソメディアの示す支持率なんて一切気にする事はない。今まで通り、強気で行けばいいんだよ。稲田を続投させてこその安倍一強なんだよ。
そもそも安倍さんの支持者には、クソメディアに惑わされるようなプチブル野郎は一人もいないよ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再生エネ買い取りに94兆円... | トップ | 第六十回  さむらい塾  ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

死ぬきで憲法改正を目指せ自民党」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。